中小企業診断士試験、4月から始めて2021年ストレート合格できる?戦略を紹介!

思い立ったが吉日、中小企業診断士の勉強を始めるのに早いも遅いもない!

やりたいときから始めればいい!

と私は思っています。

「いきなり何を言っているんだ?」と思われるかもしれませんが、
そろそろ2021年4月になります。

「年度も変わるし中小企業診断士の勉強でも始めよう!」
という方も多いのではないでしょうか。

でもその場合、どのように戦略立てして勉強を進めればよいのでしょうか?

①一次試験まで残り4ヶ月弱、ガチればワンチャンストレート合格いける?
②いやいや、2021年度合格は諦めて余裕をもって2022年度に合格を目指す?

中小企業診断士試験合格者としてその答えをご紹介します。

きっと役に立つと思いますので、是非最後まで御覧ください。

4月から初めて2021年度試験にストレート合格できる?

かなり難しいので、やめたほうがいいです。

中小企業診断士が教える一次試験の学習ペース(独学者向け)」の記事でも紹介しましたが、改めてTAC渋谷校の講義日程表を紹介します。

インプット(答練含む)講義だけで165時間(3時間弱/回✕55回)もかかります。

この内容を残りの4ヶ月弱で合格レベルにもっていくことはほぼ不可能です。

浪人生のように勉強にフルコミットしても正直ギリギリだと思います。
※めちゃ頭が良くてこれまで優秀な成績を収められてきた方は除く

【講義日程表(基本編)】
2020年10月2日〜2020年10月30:経営(講義8回+答練1回)
2020年11月3日〜2020年12月8日:財務(講義10回+答練1回)
2020年12月11日〜2021年1月19日:運営(講義7回+答練1回)
2021年1月22日〜2021年2月16日:経済(講義7回+答練1回)
2021年2月19日〜2021年3月12日:情報(講義6回+答練1回)
2021年3月16日〜2021年4月6日:法務(講義6回+答練1回)
2021年4月9日〜2021年4月23日:中小(講義4回+答練1回)
※講義一回あたり3時間弱

2022年度試験にターゲットを定めて勉強する戦略を採用!

2021年のストレート合格を諦め、2022年合格を目指すのが現実路線です。

じゃあ2022年合格に向けてどのように勉強すればよいでしょうか?

TACの『ここが戦略的!「1.5年本科生」』にもあるように、
「1年目(2021年度)は暗記系科目(法務、情報、中小)に集中して、
2年目(2021年度)は残りの4科目を目指す」という戦略をとるのがよいかと思います。

※TACの回し者ではありません!

ここが戦略的!「1.5年本科生」 ※TACのホームページから抜粋

それではその理由を説明していきます。

まず1年目に受ける3科目(法務、情報、中小)は二次試験で出題されません。
なので、勉強量としては程々でよく、いい点をとる必要はありません。

また、暗記系科目でもあるので習得が計算系科目(財務、経済)と比較して楽です。

一方、2年目に受ける4教科は難易度も高く、
経済を除く3科目(財務、経営、運営)は二次試験でも問われます。

そのため、3科目(財務、経営、運営)については、高得点で合格できるようにしておかないと
二次試験合格に支障をきたしてしまいます。

したがって、下記の1.5年合格戦略は非常に理にかなったものと言えると思います。

1.5年合格戦略
  • 1年目は二次試験で問われず、習得が比較的容易な暗記系3科目を履修
  • 2年目から二次試験で問われる3科目+習得が難しい「経済」を履修

2年目に受ける4科目には苦手科目を作ってはいけません。
比較的得点の取りやすい暗記科目を免除するということは、その科目による苦手科目のカバーができないことを意味します。

4月から始めて3教科合格は可能?

4月からならギリいけます。

下記の『TAC2021年合格目標(情報・法務・中小)部分の日程」で
4月開講の講座があることからそのように判断しました。

ただし、2月~4月上旬で情報と法務の講義が完了してしまっているため、
4月から始める場合はこの2科目を中小と並行してキャッチアップする必要があります。

※土日祝日はもちろん、平日にも多くの勉強時間を確保しなければなりません。

さて、今年のゴールデンウィーク(GW)のカレンダーを見てみましょう!
祝日が土日に重なっていないため、休みの日が多くなります(よかった)。

暦上の休みに加えて4/30,5/6,5/7を有給で休みにすることで、
11連休にすることも可能です。

正直4月から始める場合、ギリギリのスケジュールとなるため、
ゴールデンウィークを長めに取得することをお薦めします。

このように仕事を調整して勉強時間を捻出することは、合格に向けた基本動作となります。
勉強時間が確保できなければいくら頭がよくても合格できません。

4/25
4/26
4/27
4/28
4/29
昭和の日
4/30
年休狙い!
5/1
5/2
5/3
憲法記念日
5/4
みどりの日
5/5
こどもの日
5/6
年休狙い!
5/7
年休狙い!
5/8
5/9
5/10
5/11
5/12
5/13
5/14
5/15
2021年GWのカレンダー

まとめ

  • 4月から勉強を始める場合、1.5年計画がお薦めです。
    -1年目:暗記系3科目(法務、情報、中小)
    -2年目:それ以外の4科目(経済、経営、財務、運営)
    ※経営、財務、運営は二次試験でも問われる
  • 4月から勉強を始める場合、暗記系3科目でもギリギリのスケジュールとなります。
    なので、有給を使ってGWを長くするなどの勉強時間確保が要となります。

最後に

試験を始めるのに丁度いい時期はあります。

中小企業診断士だと一次試験の結果が発表された後の9月・10月くらいがベストだと思います。

でも、そのときに合わせて勉強を始められるとは限りません。

なので、今回は年度の変わり目の4月にフォーカスした戦略的な勉強計画
について紹介いたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です