PSストアセール(8月) スカーレットネクサスがお薦め!海外ユーザの評価もチェック

PS Storeでセール(2021年8月下旬)をやっています!

PS Storeセール(2021年8月下旬) 代表的な銘柄のみ表示(すべて表示で全表示)

その中でも個人的に注目しているのが、本ブログでも何回か取り上げた「SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)」です!!

そこで、今回の記事では過去に説明しきれなかったmetacriticの
「ユーザスコア(10点満点)」をベースにこの製品を紹介したいと思います!

PS Storeのセール(2021年8月)でのスカーレットネクサスの販売価格

このゲームはメタスコアと80とまずまずのいい評価であることはわかっていましたが、定価の高さ(通常版:9,020円、デラックス版:10,560円)が弱点でした。

特にPS5デジタルエディションのユーザは「割引されたパッケージ版製品」の購入ができないため、「PS Store」のセールしか安く買える機会がありません。

なので、PS Storeのセールは今まで購入を見送っていたソフトを買うチャンスです!
(正直35%オフは美味しすぎます)

通常版:9,020円 → 5,863円
デラックス版:10,560円 → 6,864円

そして、このソフトの販売日(2021年6月25日)からまだ二ヶ月弱しか経っていないことを考えると
よりお得感を感じられます!

(再掲)スカーレットネクサスとは?

スカーレットネクサスでは科学技術、その中でも、とくに”脳”に関する技術が発達した未来の世界が描かれており、この脳の力を念力として発現させた超脳力(≒超能力)を駆使して「怪異」と呼ばれる脳を食べるモンスターを討伐していくアクションRPGです。

主人公達は「怪伐軍」という「怪異」を倒すための軍のような組織に属し、仲間と協力しながら「怪異」討伐のためのミッションに挑んできます。

筆者の記事「スカーレットネクサス(体験版)の感想/評価!SAS,ブレインマップ,カメラ(ゲーム酔い対策)を紹介」から引用

スカーレットネクサスの海外評価は?ユーザスコアはいくつ?

スカーレットネクサスのユーザスコア(ユーザが自由に採点できる10点満点のスコア)は8.1点(132件の投稿の平均)とメタスコア 80点と並びまずまず良い評価です。

各レビューサイトの批評家が評価した点数であるメタスコアと近いスコアが出ていることからかなり信ぴょう性の高い点数づけとなっていると思います。

SCARLET NEXUSのメタスコア ・ユーザスコア

海外ユーザのレビューを紹介?お薦めできる?

海外ユーザの定性的な評価はどうなのでしょうか?
何点かコメントを取り上げたいと思います。

海外ユーザの点数評価・定性評価ともにそこそこ良いレベルにあると言えます。

辛辣なコメントも書かれていましたが、JRPGに慣れ親しんでいれば悪い点もそれほど問題にならないように思えます。

また、「サイドクエスト」の単調性についても批判を受けていますが、この点は割り切ってストーリーや戦闘重視でプレイしてもよいと思います。

アニメゲームの中で最高のストーリーと戦闘の一つです!コミックブックスタイルのストーリーテリングはヒットするかしないか、慣れるまではちょっと大変ですが、発生するシネマティックスは非常によくできていますし、ストーリー展開は非常によくできています。戦闘は非常に素晴らしく、非常に洗練されており、多くの考えが盛り込まれています。最大の批判点は、レベルデザインがほとんどの場合、非常にまどろっこしいことです…。いくつかの素晴らしいエリアはありますが、ほとんどは「まあまあ」か「普通」です。2つのストーリーをプレイすれば、50時間分のストーリーになります(2つのストーリーをプレイするための違いがたくさんあります)。だから、このゲームは私にとって間違いなく9/10です。このような品質のアニメゲームがもっと出てくることを願っています。

「Firefistace117」さん 9/10

ビジュアルノベルのようなストーリー展開が苦手な方には向かないかもしれませんが、全体的にはストーリーも戦闘もよくできていて、このゲームに戻ってきたくなるようなとてもいいゲームだと思います。

「Azazel2769」さん 8/10

「デビルメイクライ5」「ニーアオートマタ」「アストラルチェイン」を参考にしたキャラクター重視のRPGというバンダイの試み。ストーリーは実際に面白く、前作(「ゴッドイーター」「コードヴェイン」)から教訓を得て、ゲームの奥に進むにつれて複雑になっていき、死んだキャラクターを復活させるなどの無意味なことをせずに、実際にインパクトのある瞬間をそのままにしている(このストーリーでは人が死んでいるが、誰が、何が、とは言わない)。ゲームプレイに関してはほぼ完璧です。もし戦闘があまりにも浮いていて無重力でなければ(深いインパクトのある効果音がなかったり、打撃を強調することで、ナイフが文字通りバターを切り裂くように見えたりする)、ストーリーに合わせて完璧なシステムになっていたでしょう。PCでのパフォーマンスについては、非常によく最適化されており、フレーム落ちはほとんどなく、独特の美的感覚と「ブレインパンク」な世界観で、今年のゲームの中でも最も見栄えのする作品のひとつとなっている。

全体として、「ゴッドイーター」シリーズと「コードヴェイン」の全てを経験した後では、「Scarlet Nexus」は間違いなくバンダイナムコのこれまでの最高の作品のひとつだ。「テイルズ オブ アライズ」が、バンダイナムコのメインフランチャイズである以上、これほどの注目を浴びることを願っている。

「NeonNinja1225」さん 10/10

レベルデザインやサイドクエストは悪く、カスタマイズは十分ではありませんが、戦闘は楽しく、サウンドトラックはとても良いです。

ゲーム性:8
レベルデザイン:3
音楽:8
ストーリー:6
グラフィック:7

「sandora85」さん 7/10

とても平凡なゲームです。基本的にゲーム性は、直線的なレベルを走って敵のグループを殺し、その間に「カットシーン」があるだけ。また、それぞれの場所に何度も足を運ぶことになりますが、これは本当に退屈なことです。いわゆる「サイドクエスト」も最悪のもので、特定の方法で敵を倒し、報酬としてアイテムを得るというものです。カットシーンのデザインもあまり好きではなく、ただの静止画です。ちょっと安っぽい感じがします。

戦闘システムにも深い欠点があります。主なものは、これまでで最悪のターゲットシステムです。実際に敵をターゲットするのではなく、敵の方向にカメラを固定するだけなので、キャラクターは正しい方向に攻撃しないので、攻撃をミスすることになり、非常にフラストレーションが溜まります。また、オブジェクトを投げる際にも不具合が多く、特に病院のような狭い場所では、オブジェクトが環境に引っかかって投げられないことがあります。

アストラルチェインのような類似のゲームと比較すると、このゲームはとても物足りない。まあまあのゲームではあるが、それ以上ではない。

「DreamCore」さん 7/10

TOMO

メタスコアやユーザスコアを見る限り、
このソフトが35%オフで売られていれば十分お買い得だと思いました。

最後に

「SCARLET NEXUS」について、9000円だとなかなか手が出しにくいですが、5000円台までディスカウントされるのであれば購入を検討する価値はあると思います。

他のセール対象のゲームも含めて購入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは、良いゲームライフを!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です