SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)の海外評価は?良い点/悪い点を紹介!

6/24にSCARLET NEXUS(以降、スカーレットネクサス)が発売されました!

このソフトは7月からアニメも始まるほどの注目作品なのですが、
海外のゲーム評価サイトによる評価はどうなのでしょうか?

まだ購入を悩んでいる方、すでに購入していて評価を確認したい方に向けて、メタスコアに基づく海外ゲームサイトの評価を一部紹介していきたいと思います!

スカーレットネクサスとは?

スカーレットネクサスでは科学技術、その中でも、とくに”脳”に関する技術が発達した未来の世界が描かれており、この脳の力を念力として発現させた超脳力(≒超能力)を駆使して「怪異」と呼ばれる脳を食べるモンスターを討伐していくアクションRPGです。

主人公達は「怪伐軍」という「怪異」を倒すための軍のような組織に属し、仲間と協力しながら「怪異」討伐のためのミッションに挑んできます。

筆者の記事「スカーレットネクサス(体験版)の感想/評価!SAS,ブレインマップ,カメラ(ゲーム酔い対策)を紹介」から引用

メタスコアの点数は?

スカーレットネクサスのメタスコアは100点満点中80点!
5段階評価では上から2番目の評価(一般的に好意的)となります。

6/26現在において、53人のゲームの批評家からの評価に基づいて
メタスコアが算定されています。

なお、まだ発売されて間もないためか「ユーザスコア」はありません。
※ユーザスコアは誰でも投稿できる点数の平均値であり「メタスコア」
 に影響を与えないものとなっています。

さて、それでは早速、ゲームの批評家(ゲーム評価サイト)の意見を紹介していきます!

良い点/悪い点の評価 その1(好意的な点数づけをしたサイト)

好意的な点数づけを行なった海外評価サイトの良い点/悪い点をまとめました。

評価サイト良い点悪い点
digitaltrends
90点
ユニークな戦闘
びっくりするストーリー
楽しいキャラクター
ゲームボリューム
スタイリッシュなビジュアル
探索が弱い
バックトラックが面倒臭い
XGN
91点
飽きのこない魅力的なストーリー
豊富な戦闘システム
カラフルで変化に富んだ設定
ビジュアルノベルのようなインタラクション
は万人受けするものではない
※もう一点は訳せませんでしたm(_ _)m
God is a GeeK
95点
卓越した戦闘
豊富な楽しいメカニック
深くて魅力的なストーリー
ゴージャスなビジュアル
仲間との絆を深めるエピソード
が少し煩わしい
好意的な点数づけをした評価サイトの良い点/悪い点まとめ

良い点について

良い点をみてみると下記の様な点が共通的に書かれています。
(表中で青字にしています)

・独特な戦闘システム
・味わい深いストーリー
・セッティングが変化に富んでいる
・キャラや背景等のビジュアルが格好いい

TOMO

ほぼ全てのアクションRPG愛好家※を満足させられる作品だと思います!

※ストーリー重視の人、能力(脳力)セッティング重視の人、戦闘重視の人、キャラターのビジュアル重視の人等

悪い点について

悪い点について一部補足を行います。

共通的に評される悪い点はなく、また致命的な悪い点もないと感じました。

●探索が弱い

街などのフィールド内の探索性が低く「付け足し」の様だと評されていました。

明るくて細かい街並みや廃墟の環境はとても気に入っていたのですが、街の中を移動するのは付け足しのように感じます。アイテムは何もない退屈な廊下に置かれており、不必要だと感じることが多い。さらに、これらの場所に戻ってアイテムを探すとなると、さらに面倒なことになる。

digitaltrendsから引用
TOMO

ゲームに何を求めているかによって意見が分かれると思います。

筆者はストーリーや戦闘が面白ければそれで満足なので、探索性についてはあまり気になりませんでした。

●バックトラッキングが面倒臭い

上記の引用にも書かれていますが、特定のフィールドに戻ってアイテムを探す動作(バックトラッキング)を行う際の移動が面倒臭いことが指摘されていました。

TOMO

探索の際の移動が面倒くさいのは嫌ですね。
でも、それを補える良い点があれば大丈夫!

余談ですが、ドラクエのルーラやリレミトって便利な魔法ですよね。
それを30年前に生み出していたスクエア(今のスクエニ)さんはすごい!

●仲間との絆を深めるエピソードが少し煩わしい

ミッションを終えるとハイドアウトに戻って待機時間が発生します。
その際に仲間から届いた「ブレインメッセージ」を受け取り、その仲間との個別イベントを行なって親密度を高めていきます。

この親密度を高めることで「コンボビジョン」が使えるようになったり、仲間の能力をSASで使える時間が増えたりするといった戦闘上のメリットがあります。

このような「仲間との絆を深めるイベント」に繰り返しが多く冗長的で
あると指摘されていました。

TOMO

この冗長さを楽しむゲームであるような気がします。
人によって感じ方が異なるポイントなので、参考程度に!

良い点/悪い点の評価 その2(中立的な点数づけをしたサイト)

中立的な点数づけを行なった海外評価サイトの良い点/悪い点をまとめました。

評価サイト良い点悪い点
GamesRadar+
70点
優れたバトルシステム
魅力的なプロットの数々
話題性のあるテーマに取り組む
姿勢が見られない

物足りないサイドコンテンツ
とキャラクター
Push Square
70点
好感の持てるキャラクター
ユニークな戦闘が楽しい
興味深い世界観と伝承
スタイリッシュな
アートディレクション
クールなサウンドトラック
物語の展開は一長一短
反復の多い戦闘
無駄なサイドコンテンツ
TheGamer
70点
戦闘はスピーディでファンタスティック、
そしてメカニカルな深みがあります

見た目の美しさはすぐに目を引き、
記憶に残ります

いくつかの仕掛けがあるものの、
コアとなる物語は輝いている
世界観や伝承の説明が下手

キャラクターやロケーション
が退屈で活気がないことがある

探索やRPGの要素は
もっとあってもいいと思う
中立的な点数づけをした評価サイトの良い点/悪い点まとめ

良い点について

良い点については、「好意的な点数づけをしたサイト」で
評されている内容とほぼ同じなので割愛します。

悪い点について

悪い点について一部補足を行います。

どれも70点(賛否両論、または平均的な点数)をつけた評価サイト
の意見なので、少し厳しいものも含まれています。

●物足りないサイドコンテンツとキャラクター

サイドストーリーを通してキャラクターの人間性やスカーレットネクサスの世界観にもっと踏み込むんでいって欲しいという意見が見られました。

TOMO

サイドストーリーが「取ってくる系ミッション」になってしまうのはしょうがない気がする。FF7Rのサイドミッションもそんな感じだったし。

話題性が高いゲームであり期待値が高いため、
このような意見が出るのもわかります。

スカーレットネクサスに期待したいのは、サイドミッションやストーリーを通じて、このような親しみやすい街並みの特徴を強調することだ。スカーレットネクサスには豊富なサイドミッションが用意されているが、その大半は「ここに行ってこれを倒せ」とか「○○個のアイテムを探しておけ」といった「取ってくる系ミッション」の範疇に収まっているのが残念だ。

スカーレットネクサスでは、街並みの背景となっている日常的なキャラクターたちときちんと触れ合うことができず、残念ながら機会損失となっている。サイドアクティビティは、親しみやすい人々のための楽しいミッションではなく、「スカーレットネクサス」のレベルアップシステムで主人公のためにXPを獲得するための目的の一つになってしまっているのだ。

GamesRadar+から引用

●反復の多い戦闘

戦闘は面白いけれどそれが中々進化していかないことが指摘されていました。

TOMO

戦闘の進化のスピードが遅く面白いチームプレイが物語の終盤まで使えないとのことでしたが、この配分を万人向けに調整するのは不可能!

早めに戦闘を進化させちゃうと後半がつまらなくなっちゃうし、
終盤になって戦闘を進化させると今回の様な指摘がきてしまいます。

ちょうどよく戦闘を進化させるのって難しいですね・・

問題は、戦闘が実際には進化しないことだ。クールダウンに基づくバフや派手な必殺技は、チームメイトとの絆を深めることで得られますが、戦闘の要点は常に、近接攻撃、オブジェクトを投げる、近接攻撃、オブジェクトを投げるの繰り返しです。これでは陳腐化してしまうし、最も面白いチームプレイの能力は、ゲームの終わり近くまですべてロックされている。

Push Squareから引用

●世界観や伝承の説明が下手

もっとスカーレットネクサスの中で起こっている問題に関する突っ込んだ説明とこの問題の解消を求めている意見?が述べられていました。

TOMO

補足として取り上げといて何ですが、
言っている意味があまりわかりません。

人間の成長を薬で無理やり止めてしまうという倫理的によろしくない問題についてもう少し丁寧に背景を説明し、この問題の解消に向けたストーリーを展開していって欲しいという意見のように思えました。

こんな高尚なことまで求められてしまうほどの話題作ということです!

登場するキャラクターはすべて10代に見えますが、伝承(設定)では加齢を防ぐ薬を投与されているため、外見も能力もそのままです。

意思に反して永続的な紛争に巻き込まれていることを考えると、
これは魅力的な倫理的な問題である。

しかし、スカーレットネクサスではこのテーマを意味のある形で取り上げることはなく、楽しいけれど、それを前進させるための個性や対話がない圧倒的な物語に取り組むことにした。

TheGamerから引用

最後に

今回取り上げた批評の中には厳しい意見もありますが、
全体的に「期待の裏返しになっている愛のある批評」だと感じました!

なお、批評を一言でまとめると以下の通りです。

戦闘システムやメインストーリーは素晴らしいけど、サイドストーリーについてはもっと作り込まれてもいいのではないか

メタスコア80点は十分購入に値するゲームだと思うので、
スカーレットネクサスに興味を持たれている方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です