スカーレットネクサス 第二話(スカーレットガーディアン)のあらすじ・感想!ナオミはどうなる?

7/8にアニメ「スカーレットネクサス第二話」が放送されました!

本記事では「第二話(スカーレットガーディアン)」のあらすじ・感想を紹介します!

スカーレットネクサスのイントロダクション

アニメのあらすじを説明する前にイントロダクション(物語の設定)を説明します。

どこからともなく天から湧いてくる生命体・怪異が人間を襲ってくるため、人間は超脳力者(超能力者)を集めた軍隊「怪伐軍」を組織し、怪異に対抗します。

主人公の一人「ユイト・スメラギ」はニューヒムカ政府の評議会議長の父「ジョウ・スメラギ」を父に持つ名家の御曹司です。
※なお、兄は怪伐軍本部長を務める「カイト・スメラギ」であり、
 家族はエリートだらけです。

ユイト・スメラギは過去に怪伐軍の女性隊員(顔は不明)に命を救われた経験から怪伐軍への入隊を志願していました。

この度、厳しい訓練に耐え、ようやく入隊の日を迎えることができました。

もう一人の主人公「カサネ・ランドール」は過去に両親を怪異に殺害され、名家に引き取られた過去があります。

彼女は不可思議な夢を繰り返し見ており、この内容がユイト・スメラギとの関係、怪異の正体、事件の黒幕を明らかにする上でキーとなってくるはず。

新暦2020年。
人類の多くは、思考や意識を外界に作用させる力、
「脳力」を生まれながらに備えていた。
その生活は一見便利で、平和に見える。
しかし実際は、成層圏より降下する異形の生命体・怪異の存在が彼らを脅かしていた。

怪異を討伐すべく、ニューヒムカ政府によって結成されたのが怪伐軍。
ひと際強い脳力の持ち主、「超脳力者」によって組織された軍隊だ。
超脳力は、発火、超高速、透明化など、個人により様々な発現の形をとる。

念力の超脳力を持つユイト・スメラギは、
幼い頃、怪異の襲撃から怪伐軍によって救われた。
以来、志願兵として厳しい訓練に耐え、ついに入隊の日を迎える。

一方、スカウトで怪伐軍に入隊したカサネ・ランドールは以前より
不可思議な夢を頻繁に見ていた。
「赤い糸から手を離さないで」

カサネが夢で告げられる言葉の意味とは?
怪異の正体、そして隠された世界の秘密とは…

ユイトとカサネは、抗えない運命に巻き込まれていく。

公式のイントロダクションより引用

スカーレットネクサス第二話「スカーレットガーディアン」のあらすじ・感想 ナオミはどうなる?(ネタバレ注意)

配属後初の実戦を終えたユイト・スメラギはカサネ・ランドールに
かつての命の恩人の面影を重ねていた。

一方、カサネ・ランドールは繰り返し見る夢に魘されながら目を覚すとそこに姉のナオミ・ランドールの姿があり、非番の午前中に一緒に出かけようと誘われる。

怪異予報が流れる中、ユイト・スメラギとナギ・カーマン達は「かつての命の恩人はカサネ・ランドールではないか?怪伐軍は成長抑制を行なっているので、命の恩人=彼女ではないのか?」という話をしながら街中を歩いていく。

結局、ユイト・スメラギは「カサネ・ランドールもナオミ・ランドールも同じ16歳である」とナギ・カーマンに諭され一旦はこの話題を終了する。

二人は建国の父でカイト・スメラギの祖先であるヤクモ・スメラギが祀られたスメラギ神社?に参拝に訪れ、そこでカサネ・ランドールとナオミ・ランドールに遭遇する。

姉妹に会ったことでユイト・スメラギは「かつての命の恩人=カサネ・ランドール」という疑念を思い出してしまって、「年の離れた姉や親戚がいるか?」と姉妹に尋ねる。

姉妹から「姉にも親戚にも怪伐軍に入っている者はいない」と回答され、
カイト・スメラギは引き下がった。

TOMO

ユイト・スメラギは「かつて命を救われた女性=カサネ・ランドール」と思い込んでしまっていますが、この女性の正体が明らかになるのはまだまだ先になりそうです。

おみくじを引く一同、カサネ・ランドール(大吉)以外全員大凶が出るという残念な状況の中、全員のおみくじを縄に結びつけて神社を後にする。

父のジョウ・スメラギと兄のカイト・スメラギはニューヒムカ(国)に存在する都市(スオウ・セイラン・トゲツ)で不穏な動きがあることを話し合いつつ、入隊したばかりのユイト・スメラギの安否を気遣っている。

そんな中、ユイト・スメラギは白昼夢で神社の件を回想しながら、
無意識の内に訓練所に来ていたことに驚く。

TOMO

スメラギ神社での回想シーンから突然訓練場のシーンに?
ユイト・スメラギは訓練場に移動したことさえ覚えてなさそう…

突然シーンが切り替わったので視聴していて「?」となりました。
誰かから攻撃を受けていたのかもしれませんが、わかりません…

するとカゲロウ・ダンが現れ、セト隊とキョウカ隊の新人歓迎会を兼ねた合同訓練を行うことをみんなに伝える。

セト隊5人 VS キョウカ隊5人で先に旗を取った方が勝ちという模擬戦だ。

配置につく中で、カサネ・ランドールが「ユイト・スメラギに好意を抱いているのではないか?」と姉のナオミ・ランドールに詰め寄る。

姉がユイト・スメラギに抱く好意を確認したカサネ・ランドールは、ユイト・スメラギが姉にふさわしい男かを試すと言い放ち訓練に向かう。

それぞれの超脳力を使って戦い合う中、カサネ・ランドールはユイト・スメラギを
念力で攻撃しまくっていた。
※姉にふさわしい実力があるか確認するため

TOMO

訓練の勝利条件は旗を取ることですが、そんなことは御構い無しにユイト・スメラギにガンガン攻撃を仕掛けていっています。

結局、ユイト・スメラギはカサネ・ランドールからまぁまぁいい評価を得ていたので、ホッとしました。

そんな中、ツグミ・ナザールが旗を取ったことでセト隊の勝利で訓練が終わる。

カサネ・ランドールと話している最中にユイト・スメラギは
父のジョウ・スメラギからのメッセージを受診する。

メッセージで激励の言葉と家や亡くなった母について話すための食事会の誘いを受ける。

TOMO

「ジョウ・スメラギ=息子に冷たい・突き放している」という印象を持っていたので、彼が息子を気遣っていて少し安心しました。

訓練が終わってホッとする間も無く両隊に出撃命令が下る。

「スオウ9号線で怪異発生」の警報が流れる。

断絶の帯が低空まで迫っていて通信がいつも通り行えない可能性がある
旨の説明を受けた後、一同は怪異発生現場に急行する。

TOMO

このアニメの謎の一つである「断絶の帯」には通信障害を引き起こすという特性があることがわかりました。

断絶の帯の説明

通信障害でオペレーターとの交信ができない状況は辛い。
両隊のメンバは生きて帰れるのでしょうか?

ここでシーンが切り替わり、カレン・トラヴァースとルカ・トラバース兄弟の会話シーンに。

カレン・トラヴァースはアニメ中ちょいちょいカットインしてきます。

上層部とは違う考えを持っていそうな言動が見られるため、
それを弟のルカ・トラヴァースに咎められています。

TOMO

カレン・トラヴァースの言動が怪しい…
近々何かやらかす予感しかしません。。

両隊が線路を通って怪異発生現場に移動するところにシーンが戻ります。

大量の怪異が現れ両隊に襲いかかってきますが、
通信障害によりオペレータとの交信が一切できなくなってしまいました。

怪異の急襲により天井が崩れ、瓦礫によってナギ・カーマンとナオミ・ランドール
は他の仲間から分断されてしまい、そこにたくさんの怪異が襲ってきます。

ゲンマ・ギャリソンがSASにより超脳力をユイト・スメラギとカサネ・ランドールに貸すことでなんとか瓦礫をどかし、ナギ・カーマンとナオミ・ランドールに合流することに成功する。

TOMO

しれっとSAS(Struggle Arms System)が出てきます。
超脳力を貸し借りできるシステムです。

これを使ってゲンマ・ギャリソンの能力(硬質化)をユイト・スメラギとカサネ・ランドールの二人に貸しています。

SASについて

しかし、ナオミ・ランドールはその超能力により、カサネ・ランドールが狙撃される未来を予知し、彼女を庇おうとするが、その結果自身が撃たれてしまう。

TOMO

銃口がカサネ・ランドールに向けられている描写がありました。
怪異は銃を使ったりしないと思うので、ナオミ・ランドールを撃ったのは人間側の敵対勢力ではないかと思っています。

傷口から謎の攻撃を受けるナオミ・ランドール…

TOMO

二話目にして仲間が重傷を負うとは…
このアニメ、ストーリーの展開スピードが早いです!

彼女が助かるといいのですが…

シーンは切り替わり、カレン・トラヴァースとフブキ・スプリングが加勢する。

氷漬けになったナオミ・ランドールのカットに戻って第二話は終了する。

それで次回予告「陰謀」!

TOMO

三話目にしてもう陰謀が明らかになるということですね!
カレン・トラヴァースがちょくちょく出てきたことから
かなり怪しい臭いがしていました。

大国ニューヒムカには政府や怪伐軍に敵対する組織が存在し、
また、怪伐軍内部にも色々な考え方の人がいることがわかりました。

Twitterでの感想

Twitterに投稿されたスカーレットネクサス第二話の感想を紹介します!

TOMO

確かにストーリー展開が早すぎる!
二話目にして主要キャラクターが死にかけ&陰謀が見え隠れ…

用語や世界観がわからないという方は公式ホームページをチェック!

また、面白くなるか否かはまだわかりません!
もう少し見守ってから判断しても遅くはないと思います。

TOMO

原作ゲームによるネタバレを危惧する声がTwitterで散見されました。

しかし、原作ゲームとは進み方が違うとのことなので、ネタバレを恐れずにゲームを進めても問題なさそうですね。

購入したゲーム(発売はアニメ放送前)の進行をアニメのために止めるなんてナンセンスな気がします。

TOMO

後半に回収されそうな伏線(キャラ同士のやりとり、背景、設定)が多すぎるという指摘は理解できます。

また、キャラとその能力も豊富なので、しっかり覚えていないと置いていかれてしまいそうですよね。

意味ありげな描写(トラヴァース兄弟の会話やカサネの夢等)が突然差し込まれるため、頑張って記憶しておく必要がありそうです。

繰り返しになりますが、設定やキャラ等を覚えられない方は公式ページ(WORLDやCHARACTER等)をご覧ください。

スカーレットネクサスの基本情報

STAFF

担当氏名
監督西村 博之
シリーズ構成・脚本加藤 陽一
根元 歳三
脚本井上 亜樹子
キャラクターデザイン伊藤 裕次
西村 博之
制作バンダイナムコエンターテイメント
企画・制作サンライズ
製作ACARLET NEXUS製作委員会
STAFF情報(一部抜粋)

主要なCAST(第二話)

声優(指名)
ユイト・スメラギ榎木 淳弥
カサネ・ランドール瀬戸 麻沙美
ハナビ・イチジョウ嶺内 ともみ
ツグミ・ナザール高野 麻里佳
ルカ・トラヴァース赤﨑 千夏
カレン・トラヴァース檜山 修之
シデン・リッター河西 健吾
アラシ・スプリング堀江 由衣
キョウカ・エデン原 由実
カゲロウ・ダン浪川 大輔
ナギ・カーマン内田 雄馬
ナオミ・ランドール西 明日香
セト・ナルカミ高橋 広樹
ワタル・フレイザー高梨 謙吾
ジョウ・スメラギ磯部 勉
主要なCAST(第一話)

放送日

●TV

放送局放送時間
TOKYO MX2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
BS112021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
サンテレビ2021/7/1から 毎週木曜 24:00 〜
AT-X(有料放送)2021/7/1から 毎週木曜 23:00 〜
TVでの放送情報 ※放送枠は変更になる可能性があります

●STREAM

VOD放送時間
バンダイチャンネル2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
dアニメストア2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
Amazonプライムビデオ2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
U-NEXT
(最新話一週間無料配信)
2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
アニメ放題2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
Hulu2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
ひかりTV2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
FOD2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
GYAO!
(最新話1週間無料配信)
2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
GYAO!ストア2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
RakutenTV2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
DMM.com2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
Google Play2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
ビデオマーケット2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
ニコニコチャンネル2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
mujic.jp2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
dTV2021/7/1から 毎週木曜 22:30 〜
TELASA2021/7/2から 毎週金曜 00:00 〜
auスマートパスプレミアム2021/7/2から 毎週金曜 00:00 〜
J:COMオンデマンドメガバック2021/7/2から 毎週金曜 00:00 〜
milplus2021/7/2から 毎週金曜 00:00 〜
HAPPY!動画2021/7/2から 毎週金曜 12:00 〜
TSUTAYA TV2021/7/2から 毎週金曜 19:00 〜
ふらっと動画
(ネットカフェ配信)
2021/7/2から 毎週金曜 12:00 配信開始
STREAMでの配信情報 ※配信枠は変更になる可能性があります

最後に

二話目からいきなり急展開ですね。
もう来週の三話目がかなり気になってきました。

「ストーリー進行が早い」、「キャラや伏線が多くて覚えていられない」といった意見がTwitterで見られるため、できる限り記事で復習できるようにしていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です