PSストア Essential Picksセール!お薦めソフト3選!十三機兵防衛圏が特にお買い得!

9/15まで「PS ストアセール」が開催しています!

思った以上にいい作品がセールになっていて驚いています。

そこで、セール対象の中で個人的に気になった作品をフューチャーしていきます!

ぶっちゃけ、9月はテイルズオブアライズやロストジャッジメント等の話題作がバシバシ発売されるのでセールでゲームを買ってもやりきれないかもしれません。

ですが、せっかく名作たちが安く売られているので、
一旦積みゲーにしておいてもよいのではないでしょうか。

それでは、筆者が気になった作品を紹介していきます。

PSストア Essential Picksセールのお薦めソフト3選

筆者が独断と偏見で選んだPSストアセール(9月)のお薦めソフトを3つ紹介します。

バイオミュータント

7590円 → 6070円 ※20%引き
7590円 → 5692円 ※PS Plus同時加入で25%引き

装備のカスタマイズやアクションを楽しみたい人向け!

2021年5月に発売され、本ブログでも何回か取り上げさせていただいた作品です。

インディーゲームであり少々の粗は目立ちますが、ユニークなマーシャルアーツと剣術や射撃、ミュータントの特殊能力を組み合わせたバトルは試す価値あり!

【特長】
– 射撃、近接攻撃と突然変異により獲得した能力を組み合わせたバトルで、縦横無尽にキャラを動かせる
→プレイ動画を見てもらえばわかりますが、激しめにキャラを動かせます。

– 遺伝子構造を変化させ、カマキリのような鉤爪やトゲトゲの尻尾を作るなど、外見の改造が可能

– 刺激的なオープンワールドの移動方法は徒歩、メカ、ジェットスキー、気球の他、特定のエリアに固有の乗り物

多彩な部品のミックス&マッチで自分好みの近接武器、リボルバー、ライフル、ショットガンなどを作成できる
→様々な武器をカスタマイズできます

– 主人公の一挙手一投足を綴るナレーション。ただしこの生存を賭けた冒険の行く末を決めるのはプレイヤーの行動と選択にかかっている
→キャラ同士の会話は獣語(人の言葉ではない)で行われます。
 これを翻訳したナレーションを聞くことで物語を理解します。

話題作ではあったのですが評価は賛否両論です
TOMO

癖のある作品ですが、バージョンアップを何回か行ってユーザの意見を多く取り入れているので、今やったらだいぶプレイしやすくなっていると思います!

下記にバイオミュータントの関連記事を掲載しますのでご参照下さい。

It Takes Two

4300円 → 3225円 25%0FF

二人で仲良くゲームをプレイしたい人向け!

全編Co-opのみで展開されるさまざまな要素を盛り込んだ
プラットフォームアドベンチャーゲームです。

Hazelightスタジオから発売される「It Takes Two」は、ユニークで多様なゲームプレイと感動的なストーリーテリングが幻想的な旅に絡み合う、革新的なCo-opアドベンチャーです。

このHazelightは高い評価を得た『A Way Out』や『Brothers: A Tale of Two So』を制作した受賞歴のあるスタジオです。

<このゲームの特徴>
お気に入りの協力者を連れてきて、一緒にメイ(妻:エンジニアであり一家の稼ぎ頭)とコーディ(夫:専業主夫)の人生を体験しましょう!

娘のローズは離婚した両親を模した人形を作り魔法の力で彼女の両親はその人形になってしまいます。
二人は不本意ながらも元の体に戻る方法を探さなければなりません。プレイヤー達は一緒にメイとコーディを操作してクレイジー体験をします。

引用:メタスコア の概要を日本語訳

(補足)ゲーム本編が一つあればフレンドは無料で一緒にプレイできます

メタスコアがめちゃくちゃ高い。普通に名作なので買って損なしだと思います。
TOMO

ステージギミックやメイやコーディーが使う武器・魔法がかなり凝っていてゲームとしての完成度の高さを感じます。

メイやコーディーの操作を通してプレイヤー同士の仲も深めてみてはいかがでしょうか?

十三機兵防衛圏

9,878円 → 5926円 40%OFF

ストーリーを楽しみたい、重厚なSFものを楽しみたい人向け

SF界のラーメン二郎!との呼び声高い?濃厚なSFドラマチック・アドベンチャー!

「タイムトラベルを絡めたSFミステリー」と「思春期の男女の友情・恋愛を描いた青春物語」が掛け合わされたシナリオになっています。

本作は追想編、崩壊編、究明編の3パートからなります。

・追想編:13人の主人公が抱える謎を会話を通して解き明かすアドベンチャーパート

・崩壊編:機兵を操り世界の危機に立ち向かうバトルパート

・究明編:追想編や崩壊編を振り返り、物語の細部を説明するアーカイブパート

究明編での種明かしが小難しいストーリーの理解をサポートしてくれます!

このゲームはAmazon評価が際立って高いので紹介します。

TOMO

Amazonの評価をみていきます。
1808個の評価が集まっていて、星4.6は異常に高いです!

しかも、9/1時点での中古品の価格が7,310円と値崩れしていません。

そして、なぜか新品(パッケージ版)が売っていない・・・

TOMO

こちらの動画にこのゲームの魅力が丁寧にまとめられています。

8分ちょいの動画なので是非見てみてください!

本記事をまとめるのにも参考にさせていただきましたm(_ _)m

メタスコアも非常に高い
TOMO

独特な世界観のゲームにも関わらず評価がめちゃ高いです。
重厚なSFものが好きな人にはお薦めです!

以下にユーザースコアのレビューを紹介します。

私が思うに、これは2020年の最高のビデオゲームです。本当によくできたストーリーとキャラクター。始まりはゆっくりですが、ゲームが終わる頃には時間を有効に使えたと感じるでしょう。ゲームプレイとストーリーのバランスは非常に革新的で、ゲームプレイを中断してストーリーに行くことも、その逆も可能です。このゲームはあなたの時間をとても大切にしてくれるゲームです。もっと多くの人にプレイしてもらいたい名作です。

——————-

万人向けではないことは認めますが、傑作のゲームです。
ビジュアルとオーディオは素晴らしく、ゴージャスで没入感がありますが、戦闘部分は意図的にビジュアルを欠いています。

ビジュアルノベルとメカニックウェーブディフェンダーをミックスしたようなゲームで、どちらの部分も絶妙によくできています。

——————-

このゲームは基本的に、ビジュアルノベルにRTSのゲーム要素を加えたものです。RTSの要素は流れを変えるのに役立ちますが、RTSの部分のためにこのゲームをプレイするわけではありません。RTSを楽しみたいのであれば別なゲームを楽しんだ方がよいです。もしあなたが、とんでもなく深く、複雑に絡み合ったストーリーのビジュアルノベルに興味があるのなら、このゲームはあなたに合っています。

引用:ユーザーレビュー(十三機兵防衛圏)

最後に

今回のPSストアセール(9月)ではAPEXやDead By Daylightのようなオンラインの対戦型アクションゲームが目立っていますが、他の名作たちも安くなっています。

今回紹介できなかった「天穂のサクナヒメ」や「Devil May Cry 5 Special Edition」も発売時にはかなり話題になった名作です。メタスコアも高い!

9月発売の新作が多い中、これだけ過去の名作をセールで出されると悩ましいです。

ゲーマーの皆様も頭を抱えているのではないでしょうか?

本記事が皆様のゲーム選びの役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です