ポケモンユナイトのプレイ動画をYouTubeに投稿&収益化できる?

本日(7/21)、ポケモンユナイトが配信されました🎉

配信と同日に早速、動画や静止画の利用に関するガイドラインが発表されていました。

本ガイドラインはプレイ動画等を投稿する際に遵守する必要があります。

そこで本記事では「ポケモンユナイト 」の各種ガイドラインを解釈し、
必要な箇所については肉付けしてご説明したいと思います。

ポケモンユナイトのプレイ動画を投稿&収益化することを
考えている方は是非最後までご覧ください!

本記事では各種ガイドラインを解釈した結果を説明しています。
可能な限り精緻にガイドラインを読んだ上で記事を作成していますが、
誤っている可能性もあります。
後々トラブらないために、必ずご自身で各種ガイドラインをご確認ください。

ポケモンユナイトの動画や静止画を使って二次創作(プレイ動画作成)をしてもいい?

ポケモンユナイトをプレイしている際にキャプチャーした映像・スクリーンショットおよび当該映像・スクリーンショットを利用して作成された動画や静止画等の「二次創作」は著作権侵害の対象となるか?

以下の根拠から、『Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドラインの「ガイドライン詳細」を遵守すれば、「二次創作」は著作権侵害の対象外となる』といえると考えられます。

二次創作をOKとする根拠

Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドライン

いつも『Pokémon UNITE』をお楽しみいただき、誠にありがとうございます。

株式会社ポケモン(以下「当社」といいます)は、お客様に『Pokémon UNITE』の魅力を他の皆様にも安心して共有いただき、世界中のより多くのプレイヤー間にて熱いバトルが繰り広げられるよう、以下に規定するガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます)を制定いたしました。

お客様に本ガイドラインを遵守いただいている限り、当社は、お客様が『Pokémon UNITE』をプレイしている際にキャプチャーした映像・スクリーンショットおよび当該映像・スクリーンショットを利用して制作された動画や静止画(総称して、以下「Pokémon UNITEに関する動画や静止画」といいます)を利用することに対して、著作権侵害を主張いたしません。
当社は、本ガイドラインの制定によってお客様が『Pokémon UNITE』をより楽しんでいただけるようになることを願っております。


ただし、Pokémon UNITEに関する動画や静止画のうち、本ガイドラインに反するものや本ガイドラインに照らして当社が不適切と判断したものはその限りではなく、それらに対して当社は取り下げ請求を行ったり、法的措置を取ったりする場合があります。

以下、ガイドライン詳細に続く…

引用:Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドライン

TOMO

「Pokémon UNITE」個別のガイドラインを見る限り、『ガイドライン詳細に書かれた内容を遵守すれば、任天堂は「Pokémon UNITEに関する動画や静止画」に対して著作権侵害の主張をしない』という記載があります。

つまり、「ルール(ガイドライン)を守ってポケモンユナイト に関する二次創作(プレイ動画作成)をしている限りは問題なし!」と考えられます。

※二次創作とは既存の作品をもとにして、新たな作品を創作すること

  • ガイドライン詳細
    • 利用可能な範囲:
      • 非営利目的に限り、動画共有サイトを含むウェブサイトやSNSへPokémon UNITEに関する動画や静止画を投稿することができます。ただし、YouTubeやニコニコ動画等が正式に提供するパートナー機能等を使用する場合には、投稿による収益化も可能です。
         
    • 禁止事項:
      • Pokémon UNITEに関する動画や静止画の制作や利用に関し、以下のようなことは行わないでください。
        • 『Pokémon UNITE』の楽しみ方やプレイの様子を他者に共有することを主目的としないこと(例:違法な行為の助長、差別、他者への誹謗中傷、政治活動または宗教活動への使用等)
        • ゲームの内容を誤解させるような過度な編集や著しい加工をすること
        • 『Pokémon UNITE』の要素(イラストや楽曲等)のみを切り出して他者に配布したり、動画や静止画以外の二次的著作物(ゲームやアプリ等)を制作したりすることを目的とすること
        • 違法または公序良俗に反する内容を含むウェブサイトやSNSへ投稿すること
        • 当社のゲームソフトを利用した投稿を禁止しているウェブサイトやSNSへ投稿すること
        • いわゆるチート行為や不正アクセス等の『Pokémon UNITE』が本来想定していない使用方法などを紹介したり、助長したりすること
        • 事実に反して、当社または第三者から公式に協力や協賛などを受けているよう詐称したり、誤認させたりすること
        • お客様ご自身以外が発言しているボイスチャットまたはフリーテキストチャットの内容を、当該発言者の承諾を得ずに利用すること
           
    • その他:
      • Pokémon UNITEに関する動画や静止画に第三者の知的財産権が利用されている場合、本ガイドラインの遵守に加えて、当該第三者の許諾を得る必要があります。権利の所在に関する個別のお問い合わせについて、当社ではお答えできません。
      • 当社は『Pokémon UNITE』の公式サイト等にて『Pokémon UNITE』のロゴを含む画像素材の提供を予定しています。当該画像素材はPokémon UNITEに関する動画や静止画に利用できますが、ご利用の際は、本ガイドラインおよび別途規定する利用ルールをお守りください。


本ガイドラインは予告なく変更される場合があります。変更された場合、本ページに変更後の内容を掲載しますので、お客様において都度ご確認ください。なお、本ガイドラインの変更によって生じる一切の損害について、当社は責任を負いかねます。

本ガイドラインは、ゲームソフト『Pokémon UNITE』に限定して適用されます。『Pokémon UNITE』以外のゲームソフトその他の『ポケモン』のコンテンツは本ガイドラインの対象外です。

当社は、本ガイドラインに関連する個別のお問い合わせまたは個別の使用許諾依頼には回答いたしません。
 

2021年7月21日制定

引用:Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドライン

ポケモンユナイトのプレイ動画をYouTubeに投稿して収益化できる?

ポケモンユナイトのプレイ動画をYouTubeに投稿して収益化できる?

以下の根拠から、「ネットワークサービスにおける任天堂著作物の利用に関するガイドライン」を遵守すればYouTubeへの動画投稿、および収益化はOKと判断できます。

動画投稿、および収益化をOKとする根拠

ネットワークサービスにおける任天堂著作物の利用に関するガイドライン

個人であるお客様は、任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。

引用:ネットワークサービスにおける任天堂著作物の利用に関するガイドライン

別途指定するシステム
このガイドラインにおいて投稿を収益化することができる「別途指定するシステム」とは、具体的にはどのようなものですか。

現時点において、このガイドラインにおいて投稿を収益化することができる「別途指定するシステム」とは、以下のものをいいます。

  • Facebookの「Facebook Game Streamer」および「Facebook Level Up Program」
  • ニコニコ動画/生放送の「クリエイター奨励プログラム」および「ニコニコチャンネル」
  • OPENREC.tvの「OPENREC Creators Program」
  • Twitchの「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム」
  • Twitterの「Amplify Publisher Program」
  • YouTubeの「YouTubeパートナープログラム」
  • TwitCasting の「ツイキャス・マネタイズ」内の「ライブ収益」(2019/4/1追加)
  • Mirrativの「ギフト」(2019/4/1追加)
  • 随時更新されます。

引用:ネットワークサービスにおける任天堂著作物の利用に関するガイドライン

TOMO

個人であり、かつ営利を目的としなければ「二次創作」の「投稿」はOK

「営利を目的としなければ」と書いてありますが、任天堂が「別途指定するシステム」への投稿であれば収益化できるとのことです。

そして、この「別途指定するシステム」にはYouTubeも含まれています。

従って、『ポケモンユナイト の「二次創作」をYouTubeに投稿して収益化することはOK』と言えると思います。

※もちろん「Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドライン」を守って二次創作を行なっていることが前提となります。

なお、このガイドラインを見る限り、動画投稿にあたって任天堂への許可を得る必要はないと思われます(当該記載がないため)。

最後に

以前の記事でも書きましたが、そもそもゲームの映像に関しては、著作権法上では映画の著作物と同様に保護されているので、プレイ動画の配信にあたっては各社の定めるガイドラインに従う必要があります。

※ポケモンユナイトに限った話ではありません。

※詳しく知りたい方は「ゲーム実況は著作権侵害になる? 配信初心者が気をつけたいポイント」という記事をご参照ください。

そのため、今回の記事では「Pokémon UNITEの動画や静止画の利用に関するガイドライン」と「ネットワークサービスにおける任天堂著作物の利用に関するガイドライン」をもとに二次創作、およびその動画投稿・収益化についてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です