ポケモンユナイト 使用できていたポケモンが使えなくなる事象と対策を説明

そろそろポケモンユナイトが配信されて1週間経ちます。

プレイしていると「スタンダードバトル等で使用できていたポケモンが
突然使えなくなる事象」が発生することがあります。

本記事ではこの事象の説明と対応策を紹介します。

記事の中で「ユナイトライセンス」と「レンタルライセンス」の違いについても説明していくので、是非最後までご覧いただけると幸いです。

使用できていたポケモンが使えなくなる事象とは?

スタンダードバトル等では「ユナイトライセンス」を持っていない
ポケモンを使用することができます。

この仕組みは「レンタルライセンス」と呼ばれ、
一定期間でその対象のポケモンが入れ替わるとされています。

※「レンタルライセンス」の説明は後述します

また、「レンタルライセンス」の対象ポケモンはポケモン選択画面(ポケモンのアイコンの左上)に「時計マーク」がついています。

下図の場合、「フシギバナ、ゲンガー、プクリン、ルカリオ」を
ユナイトライセンス無しで使用できます。

※ただし、ランクマッチでは「レンタルライセンス」のポケモンを使用できません。

赤枠部分が「レンタルライセンス」のポケモン。一定期間しか使えない。

使用できていたポケモンが使えなくなった時の対応策

下記のFAQでもあるように原則は、ユナイトバトル事務局でエオスコインやジェム(有料)を使って「ユナイトライセンス」を購入する必要があります。

使用できていたポケモンが使えなくなってしまいました。何故でしょうか?

ポケモンを無期限で使用できるようにするためには、ジェムやエオスコインで「ユナイトライセンス」を購入する必要があります。

引用:ポケモンユナイトFAQ

購入以外にも「チャレンジ(例:ビギナーズチャレンジ)」や「イベント(例:14daysウェルカムギフト)」でも「ユナイトライセンス」を入手できるように見えます

しかし、チャレンジやイベントで手に入れた「ユナイトライセンス」は「レンタルライセンス」扱いになってしまい、一定期間後に使えなくなってしまいます。

ポケモンのライセンスについて教えてください

ポケモンのライセンスを入手すると、
そのポケモンがバトルで利用できるようになります。

ライセンスには、次の2種類があります。

「ユナイトライセンス」
ジェムやエオスコインで購入できる(無期限で利用可能)

「レンタルライセンス」
報酬やイベントで入手できる(一定の期間のみ利用可能)

引用:ポケモンユナイトFAQ

TOMO

ポケモンユナイト公式FAQをみる限り、エオスコインやジェム(有料)で購入した「ユナイトライセンス」のみが永続的に利用可能のようです。

下図をみると「Day7の報酬は、ユナイトライセンス-イワパレスだ!」って書いてあるのにこれは「レンタルライセンス」扱いとなってしまうようです。

つまり、一定期間のみ利用可能なライセンスとなります…

そうだとしたら「Day7の報酬は、レンタルライセンス-イワパレスだ!」と表記を改めてほしいところです。

『ビギナーズチャレンジで手に入れたイワパレスのライセンスが「レンタルライセンス」扱いになってしまうかどうか』については近々検証・本記事への追記を予定しています!

※報酬をもらう前に購入した場合はチャレンジやイベントが完了したタイミングで何らかのアイテム・通貨として返却されると思われる。

最後に

「ユナイトライセンス」や「レンタルライセンス」等わかりにくい仕組みが出てきます。

自分も調査するまでイベントの報酬でゲットしたライセンスは
永続的に利用可能だと思っていました。

でもFAQを見る限りそうではなさそうです。

読者の皆様の疑問は解決したでしょうか?

これからもポケモンユナイトをプレイしていて疑問に感じたこと
を記事にしていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です