2020年度弁理士試験合格者が語る弁理士試験に挑戦する価値!

筆者の元同僚で2020年度の弁理士試験に合格されたNさんに「弁理士試験」に関するインタビューを行いましたので、その内容を記事にしていきます!

弁理士試験の勉強にはお金も時間もたくさんかかかるので、今回の記事は「弁理士試験への挑戦を判断する上でのきっかけとなる情報」をお届けしたいと思います。

下記のように思われている方は是非最後までご覧ください。

コロナ禍ということもあり、資格を取って手に職をつけたい!
弁理士試験に興味を持っているが、難関試験なので努力に見合う結果が得られるか不安…

弁理士試験について

Nさんへのインタビューを行う前に弁理士試験について説明します。

弁理士とは?

「弁理士とは何か?」について日本弁理士会のHPに以下のように書かれています。

弁理士とは?
弁理士は〝知的財産に関する専門家〟です。

弁理士法
(弁理士の使命)
第1条 弁理士は、知的財産に関する専門家として、知的財産権の適正な保護及び利用の促進その他の知的財産に係る制度の適正な運用に寄与し、もって経済及び産業の発展に資することを使命とする。

せっかく創作した知的財産がパクられて好き勝手に使われてしまう状態になってしまうと誰も創作活動をしなくなってしまうので、しっかりと法律で保護する必要があります。

その役割を担うのが弁理士です。

ここで、知的財産とは一体なんでしょうか?

人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには、 財産的な価値を持つものがあります。 そうしたものを総称して「知的財産」と呼びます。 知的財産の中には特許権や実用新案権など、 法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利として保護されるものがあります。 それらの権利は「知的財産権」と呼ばれます。
具体的には、特許、実用新案、意匠、商標、著作物等

知的財産 ※日本弁理士会のHPから引用

弁理士試験とは?

弁理士試験の概要については、特許庁のHPに以下のように書かれています。

弁理士試験は、弁理士になろうとする方が弁理士として必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的とした試験です。
弁理士試験に合格し、実務修習を修了された方は、「弁理士となる資格」が得られます。
弁理士試験は、筆記試験と口述試験により行います。
筆記試験は短答式と論文式により行い、短答式に合格した方でなければ論文式を受験することはできません。
また、筆記試験に合格した方でなければ口述試験を受験することはできません。

出ました「応用能力」という言葉!
単に知識としてインプットしていくだけではなく、それの活用までが試験で問われます。

また、弁理士試験は「短答式試験」「論文式試験」「口述式試験」の3段階で実施され、それぞれの試験に合格した方だけが次の試験に進むことができると書かれています。

ちなみに、令和2年度の合格率は以下の通りです。

受験者数 2,947人、合格者数 287人、合格率 9.7%

合格率が9.7%であるため、難関試験です。

※口述試験合格者(278人)の数に工業所有権法免除者(9名)を足して計287人
※工業所有権法免除者とは特許庁において、審判又は審査の事務に従事した期間が
 通算して5年以上になる者

段階受験者合格者合格率
短答式試験2259人411人18.2%
論文式試験1060人位
正確な統計情報は非公開
265人25.0%
口述式試験281人位
正確な統計情報は非公開
278人98.6%
弁理士試験の合格者・合格率(令和二年度)
TOMO

短答式試験(一次試験)で8割落ちるので厳しい試験です。

また、短答式試験には中小企業診断士のような科目合格制度がなく、一度に全科目分の対策を行う必要があるのできついです。

ちなみに短答では特許法・実用新案法・意匠法・商標法・条約・著作権法・不正競争防止法の7科目が問われます。

論文式試験の合格率だけ見れば妥当な範囲だと思います。
論文式試験について別の記事で紹介します。

口述式試験については、論文式試験までを通過できる実力があって適切な対策を行っていればほぼ問題ないと思います。

2020年度(令和2年度)弁理士試験合格者のNさんの紹介

Nさん

・筆者の元同僚のNさん
・IT業界(SIer等)にSEとして20年勤務
・2021年下半期から大手特許事務所に転職予定
・弁理士、応用情報技術者試験、セキュリティスペシャリスト、PM、ITストラテジスト等の難関資格多数保有
・英語が得意(TOEICは900点OVER)

TOMO

SIer勤務時代にはお世話になりました。
昔から勉強熱心な方でしたが、とうとう弁理士資格を取得したのですね!

また、大手特許事務所にも転職を成功させたということで、
ダブルでおめでとうございます!

ぜひ、インタビューさせてください!

(弁理士試験を志す方へ)弁理士試験に挑戦する価値はある?

TOMO

これから弁理士試験について色々インタビューさせてください!

まずはイントロとして「弁理士試験ってそもそも挑戦する価値のある試験かどうか」を聞かせてください!

一部では合格までの総勉強時間の目安が3000時間とも言われています。
かなり勉強に時間を費やす必要があるので、合格した際のゲインを知りたい方も多いと思います。

LECの受験者数と合格者数の推移を見ると以下のように書かれています。
ポジショントークのように見えますが、実際のところいかがでしょうか?

合格者数が少ないということは、合格後にライバルが少ないということを意味します。 このことからも弁理士試験はより目指す価値の高い試験になってきているということが言えるでしょう
※令和二年度の合格者数は287人
引用元:LECの弁理士試験の合格者データ

希少性について

Nさん

あながちポジショントークではないと考えています。

まず、希少性の観点で話をします。
年間に300人弱しか弁理士が誕生しません。

令和2年度弁理士試験最終合格者統計によると、
合格者の内訳は会社員148人(51.6%)、特許事務所80人(27.9%)であり、ここまででほぼ8割に達しています。

資格予備校時代の同期と話している限り、会社員の中でも知財部等の弁理士試験と関連する部署に勤めている方が多いように思えます。

すなわち、「今従事している業務におけるスキルアップ・キャリアアップ」を目的に弁理士資格を取得している人も一定数いると思うので、転職市場に流れる新弁理士の方はさらに少なくなるのではないかと思っています。

TOMO

ありがとうございます。
確かに弁理士試験合格者の皆が転職を志すわけではありませんよね。
今の会社・業務の中で活用したいと思う人も多いと思います。

そうなってくると、転職市場に回る新弁理士はさらに減ってしまいますね。

かなり売り手市場のような感じがします!

Nさん

また、AIだったりビッグデータといった
流行している技術分野があります。

「その分野のエンジニアが弁理士資格をとり、専門的に特許出願業務を行う」というようなより希少性の高いキャリアパスを選ぶこともできると思います。

TOMO

AIやビッグデータ×弁理士!
食いっぱぐれなさそうですね!

業務の拡張性について

Nさん

次に業務の拡張性の観点で話をします。

例えば、令和元年意匠法改正において意匠法の保護対象が広がりました。
これまでは、意匠法の保護対象は「物品」に限られ、不動産や固体以外のものなど、「物品」でないものは保護されませんでした。しかし、法改正により保護対象が拡充されて、新たに「画像」、「建築物」、「内装」のデザインについても、登録できるようになりました。

<具体的には>
・物品に記録/表示されていない画像デザインも保護できるように「画像」そのものも保護対象になりました。
また、不動産である建築物のデザインも保護できるように「建築物」も保護対象になりました。

・複数の物品、壁、床、天井等から構成される「内装」のデザインについても、一意匠として登録可能になりました。

保護対象が増えれば、申請の増加、
つまりビジネスチャンス拡大に繋がります!

また、新しい領域であれば専門性を持った人がまだ少なく参入できる余地があると言えます。

意匠法の拡充保護対象の拡充(令和2年4月1日施行)①画像、建築物
意匠法の拡充保護対象の拡充(令和2年4月1日施行)②内装
Nさん

また、ちょっと古いですが平成27年4月1日から動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標、位置商標が追加されています。

例えば、音商標によりPlayStationの起動音の保護も可能です。

このように社会のニーズに対応して法改正が行われ、保護範囲が拡張されることがありますので、この様な変化によりビジネスチャンス増も期待できます!

TOMO

不動産にも意匠法の保護範囲が拡大されたってのは衝撃的ですよね!

国としてちゃんとデザインの創作物を保護をしていこう
という意気込みを感じます!

昔からある領域だけではなく、今回のような新しい領域を専門にして弁理士業界に参入しても良さそうですね!

弁理士業務の拡張性についても理解できました!

弁理士の年収について

TOMO

あ、あの聞きにくいのですが?
弁理士の年収の方はいかがでしょうか?

Nさん

そうですよね。気になりますよね。
時間もお金をかけて弁理士合格を目指すのであれば、合格後の年収も気になってくるのは当然だと思います。

自身の転職活動や周りの友人から聞いた範囲の情報になりますが、
弁理士の年収は下記の年収調査結果に近しいと思います。
(弁理士の平均年収:約700万円)

確かに未経験転職で最初からこの額を稼ぐのは難しいですが、
数年経験を積めば難なく到達可能な額だと思います。
※事務所や本人の能力・頑張りにも依る

また、専門性を身につけていけば、1000万以上の年収
を得ることも可能だと思っています!

年収調査結果(士業の平均年収)
アガルートの弁理士の年収はどれくらい?高収入を目指す方法もより引用
TOMO

え、弁理士って公認会計士よりも平均年収高かったのですね。。

サラリーマンの平均年収は436万円※なのでかなり高年収だと言えます。
※国税庁の令和元年分民間給与実態統計調査結果による

まぁ、年間300人弱しか合格しないことを考えると納得できます。

難しい試験であり相当な努力をしないといけませんが、
頑張ってみる価値はありそうですね!

TOMO

今回の記事はここまでとさせていただきます。

他の観点でもヒアリングさせていただきますので、
引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

最後に

今回の記事ではイントロダクションということで、「弁理士試験に挑戦する価値」についてご紹介させていただきました!

今後は資格予備校選びや短答試験・論文試験の勉強方法といった読者の方が合格に近づくための方法についても取り上げたいと思っています。

弁理士シリーズに乞うご期待!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です