2020年度弁理士試験合格者が語る資格スクールの選び方!通塾?オンライン?

筆者の元同僚で2020年度の弁理士試験に合格されたNさんに「弁理士試験」に関するインタビューを行いましたので、その内容を記事にしていきます!

今回は弁理士試験受験に際し、「資格スクールに通うか?独学するか?」、「資格スクールに通う場合、通塾型か?オンライン型か?」というテーマで記事を書きたいと思います。

下記のように思われている方は是非最後までご覧ください。

弁理士試験の勉強を始めたい!
でも、資格スクールに通うか独学にするか悩む…
仮に資格スクールに通った場合、通塾するか、オンラインにするか悩む…

(再掲)弁理士試験について

Nさんへのインタビューを行う前に弁理士試験について説明します。

弁理士とは?

「弁理士とは何か?」について日本弁理士会のHPに以下のように書かれています。

弁理士とは?
弁理士は〝知的財産に関する専門家〟です。

弁理士法
(弁理士の使命)
第1条 弁理士は、知的財産に関する専門家として、知的財産権の適正な保護及び利用の促進その他の知的財産に係る制度の適正な運用に寄与し、もって経済及び産業の発展に資することを使命とする。

せっかく創作した知的財産がパクられて好き勝手に使われてしまう状態になってしまうと誰も創作活動をしなくなってしまうので、しっかりと法律で保護する必要があります。

その役割を担うのが弁理士です。

ここで、知的財産とは一体なんでしょうか?

人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには、 財産的な価値を持つものがあります。 そうしたものを総称して「知的財産」と呼びます。 知的財産の中には特許権や実用新案権など、 法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利として保護されるものがあります。 それらの権利は「知的財産権」と呼ばれます。
具体的には、特許、実用新案、意匠、商標、著作物等

知的財産 ※日本弁理士会のHPから引用

弁理士試験とは?

弁理士試験の概要については、特許庁のHPに以下のように書かれています。

弁理士試験は、弁理士になろうとする方が弁理士として必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的とした試験です。
弁理士試験に合格し、実務修習を修了された方は、「弁理士となる資格」が得られます。
弁理士試験は、筆記試験と口述試験により行います。
筆記試験は短答式と論文式により行い、短答式に合格した方でなければ論文式を受験することはできません。
また、筆記試験に合格した方でなければ口述試験を受験することはできません。

出ました「応用能力」という言葉!
単に知識としてインプットしていくだけではなく、それの活用までが試験で問われます。

また、弁理士試験は「短答式試験」「論文式試験」「口述式試験」の3段階で実施され、それぞれの試験に合格した方だけが次の試験に進むことができると書かれています。

ちなみに、令和2年度の合格率は以下の通りです。

受験者数 2,947人、合格者数 287人、合格率 9.7%

合格率が9.7%であるため、難関試験です。

※口述試験合格者(278人)の数に工業所有権法免除者(9名)を足して計287人
※工業所有権法免除者とは特許庁において、審判又は審査の事務に従事した期間が
 通算して5年以上になる者

段階受験者合格者合格率
短答式試験2259人411人18.2%
論文式試験1060人位
正確な統計情報は非公開
265人25.0%
口述式試験281人位
正確な統計情報は非公開
278人98.6%
弁理士試験の合格者・合格率(令和二年度)

2020年度(令和2年度)弁理士試験合格者のNさんの紹介

Nさん

・筆者の元同僚のNさん
・IT業界(SIer等)にSEとして20年勤務
・2021年下半期から大手特許事務所に転職予定
・弁理士、応用情報技術者試験、セキュリティスペシャリスト、PM、ITストラテジスト等の難関資格多数保有
・英語が得意(TOEICは900点OVER)

弁理士試験 資格スクール VS 独学!

TOMO

弁理士試験を志す上で「資格スクールに通うのと独学のどちらがよいか?」というテーマでお話を伺えたらと思います。

Nさん

資格スクール VS 独学というお題ですが、
私は資格スクールに通うことをお薦めします。

出題範囲が広いので満遍なくやるという戦略は非効率です。

資格スクールでは先生が重要なところにフォーカスして説明してくれるので、そこに注力した学習を行うことができます。

例えば、青本(工業所有権法(産業財産権法)逐条解説)という条文の解説書がありますが、ボリュームが多くこれを一人で学ぶのは困難です。

あと、法律系の資格だと共通点して言えると思いますが、
判例の勉強が必要になってきます。

しかし、判例はボリュームが多く、その中で論点を探すのが困難です。
そのため、先生からの説明(ガイド)がほしいところです。

また、独学だと法律の理解の誤りを
自身で正せないことが問題となってきます。

間違った理解のまま何となく問題を解いてしまって、
そのままズルズルと進んでしまう。

初学者がハマりがちなワナを避けて通るためにも資格スクールで先生から習った方がいいと思います。

TOMO

ハマりがちなワナですか〜
誤りを自分で修正できないとなると恐怖ですね!

弁理士の勉強をする上で重要なポイントって何ですか?

Nさん

例えば、四法(特許法・実用新案法・意匠法・商標法)間の権利侵害の対応の違いをそれぞれの法律の保護対象の違いに結びつけて理解することがポイントとなってきます。法律単体ではなく横串で理解します。

また、条文ごとに「推定規定」と「みなし規定」を区別して理解することもポイントになってきます。

というのも「推定規定」であれば反証によりその推定を覆すことができるため、行いうるアクションが異なってきます。

※「みなす」はたとえ反証があった場合でもその反証は認められません。
 一方、「推定する」は反証が認められます。

特許法(発明の新規性の喪失の例外)
第三十条 特許を受ける権利を有する者の意に反して第二十九条第一項各号のいずれかに該当するに至つた発明は、その該当するに至つた日から一年以内にその者がした特許出願に係る発明についての同項及び同条第二項の規定の適用については、同条第一項各号のいずれかに該当するに至らなかつたものとみなす。

特許法(生産方法の推定)
第百四条 物を生産する方法の発明について特許がされている場合において、その物が特許出願前に日本国内において公然知られた物でないときは、その物と同一の物は、その方法により生産したものと推定する。

TOMO

独学だと四法を比較しながら理解することに中々手が回らないと思います。

また、「推定規定」と「みなし規定」の違いを理解しないまま何となく条文を理解し、何となく問題を解いてしまいそうです。

ちゃんとプロの先生から習った方が良いと思いました。

通塾型の資格スクール VS オンライン型の資格スクール

TOMO

次は「資格スクールは通塾型とオンライン型のどちらがよいか?」というテーマでお話を伺えたらと思います。

というのも、最近はオンラインの資格スクールも複数存在しており、受験生に多様な選択肢が生まれているからです。

Nさん

私は通塾型の資格予備校をお薦めしています。
その理由について述べていきます。

一般的に言われていることですが、オンライン型の資格スクールのメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>
・廉価である
・自由に受講できる(時間的な制約:少)
・人間関係の煩わしさがない
・早送り・スロー再生・巻き戻し視聴ができる

<デメリット>
・強制力がない
・モチベーションの維持が難しい
・授業に臨場感や緊張感がない
・先生に直接質問ができない
・受験生同士の横のつながりが生まれにくい

通塾型のメリット・デメリットはオンライン型の逆です。

これらのメリット・デメリットについては目新しいものではなく、読者の方もすでに感じている通りだと思います。

オンライン型のデメリットの中でも「先生に直接質問できない」、「受験生同士の横のつながりが生まれにくい」が特にマイナスだと思っています。

以降ではこれらの点について深掘りしていきます!

先生に直接質問できることの重要性

Nさん

まず、先生に直接質問できることの重要性について説明します。

論文式試験の勉強を進める上で、答練で生じた疑問をその直後にその場で解消することはとても重要です。

というのも答練は得てしてちょっと時間が経ってから返却されますが、対面授業だと正式に採点結果が返却される前にすぐ疑問点を先生に訊けます。

このようなに迅速にかつ双方向コミュニケーションで疑問点の解消に勤めることで、自身の回答プロセスを素早く改善していきます。

また、近年、短答式試験においても論文式試験の解答プロセスで思考することが求められています。

※短答式試験において問題の難化、解答プロセスの複雑化が進んでいる

したがって、短答式試験の勉強フェーズの時から先生と密にコミュニケーションできた方がよいと考えられます。

このように先生に直接質問することで、自分の実力や勉強方法を客観的に評価する機会が生まれます。

※模試や答練の結果のみを契機として「理解できていないことに気づくこと」は困難だと思っています。

あと、先生と仲良くなることで、合格した後も
色々お世話になれるかもしれません。
ちなみに私は先生から転職先を紹介してもらいました!

※全ての先生が転職先の紹介を行ってくれるわけではありません。
 今回運よく特別対応を受けられました。
 先生の方針・タイミング・先生と受験生の関係性等
 に依るため、あてにし過ぎは禁物です。

TOMO

ありがとうございました。
先生との繋がりって大切ですよね。

私も中小企業診断士の受験生時代、頻繁に先生に質問していました。

なぜ間違ったのか、どうしたら再発防止できるのか
という観点で質問することでダメなところを改善していきました。

受験生同士の横のつながりの重要性

Nさん

受験生同士の横のつながりを作れるのも通塾型のメリットです。

・コミュニケーションを通して自身の実力や勉強法
 を客観的に評価できる
・情報交換できる
・互いにモチベーションを高め合える
・合格後の実業務においても連携できる可能性がある

個人戦ではなくチーム戦として協力しながら
弁理士試験に臨むのがよいと思います。

TOMO

同期と話すことによって先生と話す時とは別の気づきが
得られることがありますよね。

仲良しクラブみたいな緩い関係ではなく、
共に高めあえる建設的な関係を築けるといいですよね。

教室の定位置(できれば前の方)に座り続けることが
同期と仲良くなり易くなるポイントだと思います!

何回も近くに座っていると互いに顔を覚えるので
話しかけやすくなるからです。「あっどうも!」みたいな

※できれば前の方としたのは、「やる気のある受験生が
 教室の前の方に集まる傾向がある」と感じたから。

ONE PIECEのルフィみたいに「仲間になろう!」
と前のめり接するのではなく、普通に授業を受ける中で
自然に会話する感じで徐々に仲良くなっていく程度でOK!

仲間を作ることが通塾の目的ではなく、
飽くまでも副産物なので気軽に受講してください!

最後に

今回、通塾型の資格予備校をお薦めしましたが、
メリデメを元にフラットに考えてみてください。

住んでいる地域・ワークスタイル・予算によって、
オンライン型一択になることもあると思います。

どちらを選んだとしても、「メリットを最大限享受し、
デメリットを可能な限り解消していくように行動していくこと
」が大切です。

資格予備校選びの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です