呪術廻戦0 入場者特典 0.5巻は公開後いつまでもらえる?無限列車編の動員数から予測!

12月24日公開の『劇場版 呪術廻戦 0』劇場入場者の特典として配布される小冊子「呪術廻戦 0.5 東京都立呪術高等専門学校」(0.5巻)の一部が公開されました。

もうすでにツイッターでは「呪術廻戦0 入場者特典 0.5巻」
に関連するツイートで溢れています。

でも、「呪術廻戦0 入場者特典 0.5巻」は公開初日に
映画を観に行かなければ手に入らないものなのでしょうか?

「呪術廻戦0 入場者特典 0.5巻」は欲しいけど、ゆっくり自分のペースで映画館に足を運びたいと考えている方』はぜひ本記事を最後までご覧ください!

呪術廻戦0のパンフレット・グッズの購入制限を行なっている映画館
を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

入場特典「0.5巻」とは?

劇場版 呪術廻戦 0の入場特典であり、
一言で言うと「ちょっとしたファンブック」のようなものです。

「呪術廻戦 0.5 東京都立呪術高等専門学校」(通称“0.5巻”)収録内容

①芥見下々先生描きおろし新作番外編漫画9P
 ※乙骨ら1年生たちの日常を描いた番外編

②初期ネーム
 ※「ジャンプGIGA」連載開始用「東京都立呪術高等専門学校」第1話「呪いの子」のネーム

③芥見下々先生一問一答 など

④劇場版設定資料

⑤アニメスタッフ・キャストのコメント

※12月24日(金)より映画『劇場版 呪術廻戦 0』上映館で本作鑑賞お一人様につき1つプレゼントいたします。

※通常上映・IMAX上映、共通のプレゼントとなります。

※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください。

※特典は非売品です。転売、内容の複写・複製・転用・SNSなどでの配信等の行為は一切禁止となります。

引用:≪全国合計500万名様限定≫入場者プレゼント小冊子「呪術廻戦 0.5 東京都立呪術高等専門学校」配布決定!!

入場者特典 0.5巻は何冊配布しているの?

入場者特典 0.5巻は500万名(劇場で鑑賞したお一人様につき1冊)に配布されます。

ただし、劇場により数に限りがありますので注意してください。

原作の『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』と比較して楽しめる『0.5巻』は、全国合計500万名限定で配布されます。

引用:『劇場版 呪術廻戦 0』入場者プレゼント『0.5巻』掲載ネーム冒頭解禁!

(予想)入場者特典 0.5巻はいつまでに観に行けばもらえる?

<2021年12月24日 追記>

呪術廻戦0の初日動員数が100万人を超え、昨年の「鬼滅の刃 無限列車編(初日91万人)」以上のロケットスタートとなりました。

この調子でいくと公開後6日くらいで動員数500万人を達してしまいます。

0.5巻が欲しい人は空いている映画館を探して早めに見に行った方がよいかも。

上映映画館一覧」を見れば上映している映画館と
時間帯ごとの空き状況を確認できるので是非ご覧ください

作年(2020年)公開された「鬼滅の刃 無限列車編」の動員数から『「劇場版 呪術廻戦 0 入場者特典 0.5巻」がいつまでもらえるか?』を予測します!

結論から申し上げると、「鬼滅の刃 無限列車編」くらい人気が過熱していると仮定しても公開後約6日間は入場者特典 0.5巻がもらえると予想します。

作年(2020年)における「鬼滅の刃」の人気は異常だったので、
少なく見積もっても6日以上は入場者特典 0.5巻の在庫がもつと思われます。

劇場により在庫に限りがあるので、
6日以内でも局所的に在庫切れが発生する可能性はあります。

「6日以内なら絶対に入場者特典 0.5巻が手に入る」と断言はできません。

6日間と算出した根拠を以下に記載します。
(興味のない方は読み飛ばしてください)

まず、下表に「鬼滅の刃 無限列車編」の公開後経過期間と動員数累計を示しています。

引用:鬼滅の刃「無限列車編」興行収入と動員数推移まとめ
・一番左の列が公開後経過期間
・左から二番目の列が動員数累計

これを直線回帰で分析してグラフを描画すると下図のようになります。

入場者特典「0.5巻」の配布数が500万名分であるため、
累計動員数(縦軸)が500万人に達する公開後経過日数(横軸)は約6日となります。

入場者特典 0.5巻の人気はどれくらい?

TOMO

たくさんの人が入場者特典 0.5巻に関するツイートをしていました。

呪術廻戦のファンからしたら、劇場でしか手に入らない
入場者特典 0.5巻は垂涎ものだと思います!

TOMO

入場者特典 0.5巻」をゲットするために「公開日当日に観に行く」と言っている方もいらっしゃいますが、「鬼滅の刃 無限列車編」の動員数を見る限りはそこまでしなくてもよいと思われます。

“500万名分”の在庫はちょっとやそっとでは無くならないはずです!

最後に

昨今の事情を考えると「お客さんが映画館に大行列を作っている状態」や「メルカリで入場者特典が転売されている状態」を運営側も望んでいないと思われます。

だからこそ、500万名分もの入場者特典を用意したはずです。

また、今年大ヒットした「シン・エヴァンゲリオン劇場版」でさえ、累計動員数が500万人を超えるまでに約40日もかかっています。

なので、呪術廻戦0を無理してまで初日に鑑賞しなくてもよいと思われます。

ニュースで興行収入や動員数をチェックしながら、
自分のペースで鑑賞するのがよいのではないでしょうか。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」興行収入推移

公開初日 興行収入8億277万4200円/観客動員数53万9623人
7日間 興行収入33億3842万2400円/観客動員数219万4533人
14日間 興行収入49億3499万6800円/観客動員数322万2873人
21日間 興行収入60億7821万1750円/観客動員数396万1480人
28日間 興行収入68億9861万3200円/観客動員数451万3374人
35日間 興行収入74億2624万3700円/観客動員数484万8041人
42日間 興行収入77億9931万4050円/観客動員数508万8007人

引用:「シン・エヴァンゲリオン劇場版」興行収入102.3億円!庵野秀明総監督の映画作品で最高成績 関連情報まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。