ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング マウス選びや接続・使用方法を紹介

「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」
が発売されて2日たちました。

早速購入して「ナビつきレッスン(チュートリアル)」の二つ目(コロコロボール)をやっているのですが、もうすでにNintendo Switch Proコントローラを使っての「ウラガワ」の制作に疲れてきてしまっています。

「ウラガワ」ではLスティックでちょうどよくノードンの接合部(左右やジャンプとか)にカーソルを合わせてノードン同士をつなぎ合わせていく操作を行います。

ですが、なかなかカーソルをぴったり合わせられずかなりストレスがたまります…
※ちなみに「十字ボタン」は利きません。

そこで、本記事では「ウラガワ」の制作効率化を目指して、
マウスの選び方や接続・使用方法をご紹介させていただきます。

マウス使用に関するQ&Aの紹介

公式のQ&Aでもマウスが使用できることが紹介されています。

※それぞれのQ&Aに対する補足説明については後述します
※マウス使用以外にもお役立ち情報が掲載されているのでご一読ください

公式のQ&A(マウス)

マウスの選び方!お薦めは?

マウスには色々種類がありますが、筆者は2.4Ghzワイヤレス接続方式※』
マウスをお薦めしています。

※2.4Ghzワイヤレス接続方式とは機器本体のUSBポートに「USB接続のレシーバー」を挿入してワイヤレス(無線)接続する方式です。

※無線接続にはBluetoothを使用する方式もあります。しかし、Nintendo Switch側がBluetoothに対応していないため、無線マウス(Bluetooth接続方式)を使用できません!

※ドライバインストールが必要なタイプのマウスは利用できないので注意してください。

ドライバインストール不要の「2.4Ghzワイヤレス接続方式」のマウスであれば、
お家に余っているもので大丈夫です!

もしお家にない場合はAmazonで購入することもできます。

「マウス」の検索結果画面の左側にある「接続方式」において、
2.4Ghzワイヤレス」に☑︎を入れることで絞り込みを行えます。

Amazonで「マウス」を検索した時の画面(左側)

ただし、ドライバインストール不要の要件については製品個別に商品仕様を
確認していく必要があります。

「付属のUSBをパソコンに差し込むだけの簡単接続」の様な表記があれば大丈夫だと思いますが、自己判断でのご購入をお願いします。

Nintendo Switchへのマウス接続方法

Nintendo Switchドックにおける「USB接続のレシーバー」の接続場所は下図の通りです。
「USB接続のレシーバー」を挿すだけの作業なので簡単!

※Nintendo Switchドックのジョイコン(−ボタン)側にUSBポートがあります。
※埃っぽい画像で恐縮です…

Nintendo Switchドックへの「USB接続のレシーバー」の接続

マウスを使用方法とその効果

マウスにより、「ウラガワ」でのゲーム制作がとても効率化されました。
まるで、パソコンのように「ウラガワ」を操作できます!

※制作したゲームの動作検証(プレイ)にはコントローラーが必要です。

下図は「モノワープ出口ノードン」を設置しようとしているのですが、
スラスラとカーソルを移動できました!

下記でマウス操作の方法(例)を紹介いたします。

●制作したゲームをプレイするモードに切り替える時の操作方法
・コントローラー操作:コントローラーの「+」ボタンを押す。
・マウス操作:画面右下の「▶︎ボタン」をクリックする。

●「ズーム/望遠を行う時の操作方法
・コントローラー操作:ZLまたはZR + Rスティック(上下)
・マウス操作:マウスホイールをコロコロする。

マウスの操作感はパソコンとほぼ同じです!

筆者としては、「ナビつきレッスン」をやっている段階から
マウスがあった方がいいと思っています。

「「ウラガワ」でモノワープ出口ノードンを設置しようとしている画面

簡単にマウスを接続できるので試してみてしっくりくる操作方法
を採用いただければと思います。

最後に

今回、「ウラガワ」でのマウスの使用方法等についてご案内させていただきました!

少しでも「ウラガワ」での制作が楽になれば幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

追伸

Nintendo Switchを持っていれば、「2,980円(税込)※ダウンロード版」で良質なプログラミング教材を手に入れられるため、かなりお買い得だと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です