ファークライ6 オートセーブによってデスループした場合の対処法!手動でセーブする方法もチェック

ファークライ6においてセーブは自動で実行されるのですが、なんと死ぬ直前にオートセーブが実行されてしまうことにより「オートセーブ→死亡→リスポーン→死亡→リスポーン→…」のデスループが発生してしまうことがあるようです!

この作品はメニュー画面から行うセーブやロードが存在しないため、
進行状況は常にオートセーブされます。

したがって、やり直しがきかないため、
プレイヤーはこの不具合を受け入れるしかない状態です。

【日本語訳】
20時間のプレイが水の泡。リスポーンしてもすぐに死んでしまう。
ファストトラベルのためにマップを素早く開くことができず、
ゲームを再起動しても効果がありません。

【日本語訳】
デスループのチェックポイントで立ち往生しています…
クラウドセーブはまさにその瞬間に起こりました。
これを解決する方法はありますか?
本編6作目にはもうこんなことは起こらないと思っていました。

10月14日時点ではまだ問題は解決されていないみたいですが、
応急処置のやり方が公表されていましたので紹介したいと思います。

デスループ現象への対応策

海外掲示板のredditのファークライ6スレでその対応策が書かれていました。

下記の通り、協力プレイを使って他プレイヤーに自分のゲームに入ってもらって一回一緒に死んだ後リロードすると当該事象が直るとのことでした。

※協力プレイのやり方については下記の関連記事をご覧ください。

メインメニューで誰かにゲームに参加してもらい、
その人をグループに入れた状態でゲームをロードしてください。

読み込み中に二人とも地面に落ちて死んでしまいますが、
その後リロードすると直るはずです。

昨晩、Xboxでこのサイトの誰かが修正するのを手伝いました。

引用:reddit(MapleSyrupJediV2)

手動でセーブするやり方は?

ファークライ6は、手動セーブシステムを完全に排除し、オートセーブのみを使用して進行状況を保存するようにしているため、チェックポイントに到達しなければ進行状況が失われます。

このようにファークライ6においては手動セーブこそ実行できませんが、手動でオートセーブを発動させて進捗状況を保存させることができます。

ファークライ6でオートセーブを発動させるためには、
以下のいずれかを行う必要があります。

(1)チェックポイントに到達する

(2)味方のリベルタッドが管理する安全地帯に移動する

したがって、もし進捗状況の保存状態がわからなくなってしまった場合、
安全地帯にファストラベルで移動すれば、オートセーブによって進捗状況が保存されます。

ただし、クエストやミッションの途中で安全地帯にファストトラベルすることはできないため、完全に手動セーブを再現できているわけではありません。

とはいえ、チェックポイントがない状況で散策する場合、「安全地帯にファストトラベルすることでオートセーブを発動させるやり方」は重宝すると思います。

最後に

手動セーブとオートセーブの両方が可能で、
ロードの際に自由にセーブデータを選ぶことができれば理想的です。

しかし、このゲームはオートセーブのみです。

なので、今回紹介したデスループのような問題が発生してセーブデータが実質的に壊れた状態になってしまうとゲームの継続が困難になってしまします。

バグの根本原因が解消されるまではどうしようもないのですが、もし発生してしまったら本記事で紹介したやり方を試してみてはいかがでしょうか。

それでは良いゲームライフを!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です