DEATHLOOP(デスループ)プレイ可能なキャラや能力・武器の引継方法(レジドゥム)を紹介!

タイムループものFPS「DEATHLOOP」の発売日(2021年9月14日)が来週に迫りました。

販売元はなんとFALLOUTやSKYRIM等で有名なベセスダ・ソフトワークスなので、自ずと期待値が高まってきますよね?!

筆者もいろいろ調べる中でだんだんとこのゲームのシステムがわかってきたので、読者の皆様が気になるであろう点(目次を参照)を紹介したいと思います。

本記事では主に「Gamepressure.com※」の投稿を翻訳して紹介します!
※ポーランドのデジタルエンターテインメントポータルランキングの
 リーダーであるGRY-OnLineSAのゲーム部門

DEATHLOOP(デスループ)とは?

以下のような構図で互いに殺しあう形式のタイムループものFPSです。

主人公(コルト):タイムループを終わらせたい人
VS
島民・暗殺者ジュリアナ・8人の重要人物:主にタイムループを維持したい人
※ただし、ジュリアナはタイムループの維持には興味がないらしい。純粋な暗殺者。

特徴としては「プレイヤーの失敗によって繰り返されるループで得た知識」や「ループを跨いで継続使用可能な一部の能力や武器」を使って学習・成長しながら敵を殲滅し、タイムループを終わらせていきます。

『DEATHLOOP』の舞台となるブラックリーフ島では、敵対する2人の暗殺者が謎のタイムループに閉じ込められ、永遠に同じ一日を繰り返す運命に翻弄され『DEATHLOOP』の舞台となるブラックリーフ島では、敵対する2人の暗殺者が謎のタイムループに閉じ込められ、永遠に同じ一日を繰り返す運命に翻弄される。このループを終わらせる唯一の方法は、一日がリセットされる前に8人の重要人物を暗殺すること。繰り返されるループで得た知識を活用しながら、新しいルートを試し、情報を収集し、新たな武器やアビリティを見つけ出せ。どんな手を使ってでも、このループを断ち切るのだ。

〜中略〜

生きて目的を遂げるまで… 終わらない死を繰り返せ
ループを繰り返すごとに現状打破の可能性が生まれる。試行錯誤の過程で学んだ知識を活用し、色々なプレイスタイルを試してみよう。ステルスで身を隠しながらステージを進んでいくのも、派手に銃撃戦を繰り広げるのも自由だ。強力な超常能力の数々や、圧倒的な威力を誇る武器が多数登場。これらのツールを組み合わせて使いこなし、印象的かつ破壊的に敵を始末せよ。与えられた能力と武器をフル活用し、追う者と追われる者との命懸けのゲームを生き抜くのだ。

引用:PSストア(DEATHLOOP)

プレイアブルなキャラクターは?

互いに敵対するコルトとジュリアナをプレイ可能です。
それぞれのキャラクターについて以下で説明します。

コルト

コルトは8人の重要人物を暗殺してループを終わらせることを目的として動きます。
詳細は下記の引用の通りです。

主人公・コルト

コルトはDeathloopに登場する2人のプレイアブルな暗殺者のうちの1人です。彼は最重要な役割を持つキャラクターでありデフォルトでは彼を操作することが多いです。

コルトの主な目的は、ループを解除して島から脱出することです。コルトの任務は、島にいるビジョナリー8人の重要人物)を排除することであり、それを次のサイクルまでに実行しなければならない。

排除すべきターゲットは、最初はコルトにとって未知のものであり、それらに到達することは簡単には実行できないため、時間のループを繰り返しリセットする必要性を計算に入れる必要があります。

コルトは次のサイクルで8人のターゲットを殺すのに役立つ知識を得ることができます。
これは、例えば別の経路の発見や特定の人物を殺害するのに役立つ情報などです。

また、新たな力や武器を手に入れることで、今後の戦いを有利に進めることができます。理論的には、挑戦するたびに成功の確率が上がっていくはずです。

コルトはジュリアナに追われています。ジュリアナは、あなたの好みや設定に応じて、2人目のプレイヤーや人工知能が操作することができます。

ジュリアナの突然の出現により、現在の行動計画が中断され、完了したサイクルから得られた知識に基づいて計画されたコルトのステップに、ランダム要素が加わります。

プレイヤーは、ジュリアナの到着を特定の音で知らされます。これは、ジュリアナ側からの攻撃を撃退するための準備を(素早く!)行い、可能であればジュリアナの居場所を突き止めるための機会です。

ジュリアナは敵意を持っていますが、無線で話すこともできます。

例えば、コルトとの会話を切ったり、コルトをからかったり、コルトを混乱させようとしたりすることができます。

引用:Gamepressure.com(プレイ可能なキャラクター)

TOMO

コルトは他のプレイヤーが操作するジュリアナ、またはAIが操作するジュリアナのいずれかと戦うことになます。

これによりゲームにランダム要素が発生します!

また、このゲームでは自身が暗殺者ジュリアナとなって
他のプレイヤーに介入することができます!

これについては後述のジュリアナで述べます!

ジュリアナ

ジュリアナという女性暗殺者を操作して他プレイヤーのゲームに侵攻し、
コルトを狩りにいくスタイルで遊ぶことができます。

コルトを操作するプレイヤーが「他プレイヤーからの侵攻」を望まない場合、設定によりオフラインでプレイすることもできるようです。
その場合はAIがジュリアナを操作します。

主人公と敵対する暗殺者・ジュリアナ ※リンク先より画像引用

ジュリアナは、Deathloopでプレイ可能な2人の暗殺者のうちの1人です。

これは補完的な役割を持つキャラクターで、つまり彼女はユニークで追加的なゲームプレイの仕組みの1つを特徴としています。

ジュリアナの主な目的は、後続のサイクルでコルトを追いかけることであり、それを純粋に楽しむことです。彼女には何が何でもタイムループから抜け出すという考えはない。ジュリアナは、前述のコルトとは異なり、キャンペーン(作戦)をすべて完了しない。

ジュリアナは、本作のオプションであるオンラインモードと連動している。

ジュリアナは、2人目のプレイヤーが操作することで、キャンペーン(作戦)の完遂を目指すコルトの狩猟を開始することができる。

その仕組みは、『DARK SOULS』などのゲームに登場するインヴァージョン(侵入・侵攻)にある程度インスパイアされています。

コルトを操るプレイヤーは、ジュリアナがいつ登場するか、どのような行動をとるかを予測することはできません。

ジュリアナを生身のプレイヤーが操作する必要はありません。コルトを操作するプレイヤーがオンライン対戦を希望しない場合や、ジュリアナを操作してくれるボランティアが見つからない場合は、人工知能によって暗殺者を操作することができます。

ただし、人工知能がジュリアナを操作したとしても、ゲームプレイの予期せぬ瞬間に現れてプレイヤーを驚かせることができるため、挑戦の幅が狭くなるわけではありません。

引用:Gamepressure.com(プレイ可能なキャラクター)

TOMO

ジュリアナを操作して他プレイヤーのゲームに
殴り込み(オンライン)をかけることができます!

※オンラインプレイにPS Plus必須

すなわち、ストーリー進行にはコルトを選択、他プレイヤーへの殴り込みにはジュリアナを選択といった二つの遊び方ができます!

タイムループとは?そこから抜け出すためには?

ターゲットとなるビジョナリー(8人の重要人物)を殺すミッションが失敗したり、コルト死亡するとループが再開され、もう一度最初からプレイすることになります。

これがタイムループです。

また、タイムループを抜け出すためにビジョナリー(8人の重要人物)
を暗殺していく必要があります。

※タイムループによるリセットに関する救済措置については次節で説明します

Deathloopの最も重要な特徴の1つは、主人公たちが
時間のループに陥っていることです。

コルト(プレイ可能な暗殺者の中でも特に重要)としてプレイする場合、主な動機は、サイクルのリセットを止めて同じ日を繰り返さないように、ループから抜け出すことです。

サイクルを終わらせる方法は、同じ日にコルトとしてプレイして8人の重要人物を殺すことです。毎回、24時間以内にこの作業を完了させなければならない…。

キルリストに載っている人たちは4つの地区にいるので、
時間帯を変えて殺してみるといいでしょう。

ビジョナリー(8人の重要人物)を排除する計画が失敗したり、コルトが死亡したりすると、ループが再開され、時間のループから抜け出すための努力を一からやり直さなければならない。

引用:Gamepressure.com(TIMELOOP)

能力や武器を次のサイクルに引き継げる?

主人公コルトが死んだ場合、次のサイクルが開始され最初のビーチから再スタートとなりますが、その際に一部の要素(能力や武器)を引き継げます。

ちゃんと積み上げ要素があるので、死んだら戦略・戦術を変えてやり直せばいいのです!

Deathloopにおいて主人公の死は、
他のアクションゲームとは若干異なる結果をもたらします。

例えば、操作していたキャラクターが死ぬきっかけとなった戦いを繰り返すために、最後のチェックポイントをロードするというオプションはありません。

代わりに、サイクルが再開されます。

つまり、新しいタイムループが始まり、ミッションの目的を達成するために再出発することになります。これは、例えばゲーム「Returnal」と同じような仕組みです。

生まれ変わった主人公は常にゲームの開始地点のビーチで目を覚まします。

しかし、これは新しいサイクルの中で、以前の死につながったすべての行動を繰り返す必要があることを意味するものではありません。

例えば、島の別の場所に行ったり、敵のいる場所を通る行進のルートを変えたり、ミッションの主な目的を達成するために別の順番を設定したりすることで、その後の戦いの戦術を変えることが可能であり、またそれを推奨します。

このゲームでは、以前のループで得た能力や武器を保存するチャンスがあります。

そのため、コルトは常に基本的な装備と能力しか持っていない状態でスタートしなければならないという事実を考慮する必要はありません。

伝達された能力と装備は新しいサイクルで生き続けることを明らかに容易にします。

引用:Gamepressure.com(Death & Respawn)

TOMO

死んだらゼロからやり直す仕様だと速攻でやる気を失います。

ちゃんと能力や武器を引き継げる機能があってよかったです。

能力や武器を引き継ぐ方法は?レジドゥムの活用が肝!

ゲーム中に手に入る「レジドゥム」という資源を使うことで、サイクルを再開しても対象とした能力や武器を次のサイクルに引き継げます。

なお、Deathloopでは、コルトが死ぬたびに時間がリセットされ、
キャラクターがスタート地点のビーチに戻ってしまいます。

その場合、ビジョナリー(暗殺対象である8人の重要人物)を退治するためには、
ビジョナリーがいる場所を再度訪れる必要があるのだ。

サイクルを再開すると、それまでに得た能力や武器が失われ、
新たな能力やアイテムの収集を始めなければなりません。

ゲーム内には「レジドゥム」という資源があり、
これを使うことで進行状況の一部を維持することができます。

レジドゥムを使用することで、例えば、選択したパワーや武器を保存し、
サイクルを再開しても引き続き使用できるようになります。

これにより、次のタイムループでは、より簡単にゲームを進めることができます。

レジドゥムの入手方法はいくつかあります。例えば、ゲームの主な敵である「ビジョナリー」を倒した際に、戦利品として入手することができます。

集めたレジドゥムをよく考えて使用し、最も強力で最も役立つ
スキルと武器を引き継ぐことが重要です。

引用:Gamepressure.com(Power & weapons – how to keep?)

TOMO

どう見ても「レジドゥム」は貴重品です。

なので、使い時と使い先(能力・武器)をよく考える必要があります。
本当に引き継ぎたい能力・武器にのみ使うのがポイントです。

最後に

このゲームは面白そうではありますが、難易度も高そうです。

Demon’s Soulsのような「死にゲー」に分類されると思います。

ただプレイ映像を見る限り、ハデで面白そうなんですよね…

そのため、引き継ぎ要素(能力・武器)をちゃんと理解しておく必要があると思っています。

それでは良いゲームライフを!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です