デスストランディングディレクターズカットへのセーブ移行方法!アップグレード費用もチェック

2019年 PS4で発売された「DEATH STRANDING(デスストランディング)」に新要素が加えられ、小島秀夫氏によるDIRECTOR’S CUT(リマスター版)として発売されます。

※2021年9月24日発売!

通常版とディレクターズカット版の違いについて様々なニュースやブログで取り上げられているため、本記事では「アップグレード費用」や「セーブデータ移行方法」等に焦点を当てて情報をお伝えしたいと思います。

※赤枠のボックスで追記を行なっています

ディレクターズカット版へのアップグレード費用はいくら?

ディレクターズカット版へのアップグレードにかかる費用は至ってシンプルで、アップグレードできる権利を1,100円(税込)で購入するだけです!

PS4版のソフト(パッケージ版)をアップグレードさせる際は、「PS5通常版にディスクを挿入したまプレイする点」に注意が必要です。

※他のゲームのアップグレードと一緒

PS4™の『DEATH STRANDING』、『DEATH STRANDING Value Selection』、『DEATH STRANDING デジタルデラックスエディション』をお持ちの場合は、別途PS5™『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT デジタルデラックスエディション』にアップグレードできる権利を1,100円(税込)で購入することができます。本製品のご購入は不要です。

PS4向けソフトウェア(パッケージ版)をお持ちの上で、PS5向けソフトウェア(ダウンロード版)をダウンロードしたりプレイしたりするには、PS4版のディスクをPS5に挿入したままにする必要があります。なお、PS4向けソフトウェア(パッケージ版)からのPS5アップグレードにはディスクドライブ搭載のPS5本体が必要となります。

引用:PSストア(DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT デジタルデラックスエディション)

アップグレード方法は?

9月12日時点ではまだPSストアでアップグレード権
の販売(プレオーダー)は行われていません。

販売価格(1,100(税込))に気をつけてご購入いただければ問題ないと思います。

セーブデータ移行(PS4→PS5)はできる?

セーブデータの引き継ぎに対応しているため、PS4版のプレイヤーはPS5にセーブデータを移行して続きから遊べるようになっています!

PS5版での機能をご紹介する前に、皆さんにお伝えしたいこと。それは・・・
PS4のセーブデータ引き継ぎに対応していることです!
この仕様によって、既にPS4版でゲームをクリア済みの皆さんも『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』を最初からやり直す必要は無く、セーブデータからお好みの配送センターへ赴き、新たな仕様を堪能したり、これまでにない新たな配送手段を編み出すことができるのです。プレイヤーの皆さんがどんな配達方法やルートを試すのか、今から楽しみです。

引用:PS5™『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』2021年9月24日発売決定! PS Storeにて予約受付開始!

<追記>

英語版となりますが、『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』のセーブデータ引継ぎ(移行)の操作方法が動画で解説されています。

英語が聞き取れなくても画面を見ていればなんとなく何をやっているかわかります!

・ステップ1:PS4のセーブファイルをエクスポートする
・ステップ2:PS5版の読み込み
・ステップ3:大量のトロフィーを獲得する

セーブデータ移行方法(PS4→PS5)

英語ソース(記事)をもとにセーブデータ移行方法をご紹介させていただきます。

調べた限り9月12日時点で日本語ソースのセーブデータ移行方法はないように思えます。

まずは、引用元の日本語訳をご覧ください。

PS4からPS5にセーブデータをエクスポートする方法

<前提>
このプロセスはかなり長く、最初に解除しなければならない制限もあります。

今、ゲームをプレイしていて、いくつかの注文を配送している最中であれば、セーブデータを移行することはできません。

注文が入っていないことを確認してから作業を行ってください。

<手順>

①配送端末に向かい、手錠端末のメニューにアクセスします。

②「セーブデータのエクスポート」を選択します。
  新しいアップデートがインストールされていることを確認します。

③ディレクターズカットが出た後、エクスポートしたセーブデータを使用するには、PS5の同じPSNアカウントでログインする必要があります。

引用:Twisted Voxel(Death Stranding Update 1.13 Brings PS4 to PS5 Save Transfer, Here’s How To Do It) ※日本語に訳して掲載

ここからは上記ソースや筆者の経験をもとにした推測となります。

確からしい記事をベースに考察を行なっておりますが、
もし誤った情報をご案内してしまったら申し訳ありませんm(_ _)m

TOMO

デスストランディングディレクターズカットの移行方法は、ゲーム内の機能を使ってセーブデータをサーバにアップロードし、PS5からそのセーブデータをダウンロードしてくる方式だと思います。

筆者は勝手に「FF7R・バイオハザードヴィレッジ方式」と呼んでいます。

過去に「テイルズオブアライズのセーブデータ移行方法(PS4→PS5)」を考察した記事を書いているので気になる方は下記の関連記事をご覧ください。

TOMO

以下の手順を行うことでセーブデータ移行を行うことができると思われます。

【PS4での作業】

①PS4版のデスストランディングからデータをエクスポート
 ※ゲームプレイの中で行う
  サムが配送端末に向かった状態で手錠端末を操作することで行う
 ※ゲームのバージョンを最新にした状態で行う
 ※配送のオーダーを受けている最中はエクスポートできない

→これでセーブデータがクラウド上のサーバにアップロードされる。

【PS5側での作業】

②PS5側の「プレイ前のメニュー画面」、もしくは「プレイ中の手錠端末の操作」のいずれかの画面で「セーブデータのインポート」を行う。
 ※ゲームのバージョンを最新にした状態で行う
 ※PS4と同じPSNアカウントでPS5にログインする必要あり

→クラウド上のサーバにアップロードされたセーブデータをPS5のデスストランディングディレクターズカットにインポートする作業です。

「Twisted Voxel」の記事に気になる記述がありました。

※筆者のコメントを「→青字」で記載します。

『Death Stranding』の場合、ゲームの物理的なコピーを売ってしまった場合は、運が悪いとしか言いようがありません。同様に、PS4を売ってしまって、セーブデータのクラウドバックアップを持っていない場合も、運が悪いとしか言いようがありません。

→PS4版ソフトのパッケージやPS4本体そのものが手元にない場合、
 セーブデータの移行ができないことが匂わされています。

最近発売された『Ghost of Tsushima』では、PS4やゲームのコピーがなくてもセーブデータのインポートを直接許可することでこの問題を解決しましたが、『Death Stranding』ではそのようなことはありません。

→ゴーストオブツシマではセーブデータさえPS5に移動させることができる※のであればPS4本体やPS4版のソフトは不要でした。

※例えば、事前にPS Plusにセーブデータをアップロードしていた場合や手持ちのハードディスクにセーブデータをコピーしていた場合、PS4本体やPS4版のソフトのパッケージが無くてもPS5にセーブデータを移動できます。

ですが、デスストランディングはそうではないらしいです。

つまり、何が示唆されているかというと「デスストランディングのセーブデータ移行にはPS4本体、およびPS4版のソフト」が必要になるということです。

ゴーストオブツシマのセーブデータ移行方式は下記関連記事をご覧ください。

<追記>

・ステップ1:PS4のセーブファイルをエクスポートする
PS4のゲームをロードして、ターミナルの近くに立ってください。
端末を起動する必要はなく、近くにいればOKです。
スタートボタンを押してメインメニューを表示し、D-Padの左ボタンを押すとシステムメニューが表示され、「セーブデータのエクスポート」が表示されます。
転送できるものとできないものについて大まかな説明がありますので、
「OK 」を押すとクラウドにエクスポートされます。

・ステップ2:PS5版の読み込み
「Death Stranding: Director’s Cut」をロードします。
「ディレクターズカット」を起動し、メインメニューを表示させます。手順1が正しく行われていれば「Load Game (PlayStation 4 to PlayStation 5)」と表示されます。
※PS4版のアンインストールは念のためまだしないでください

その上で「×」を押すと、接続されてセーブがインポートされます。
なお、この作業を何度も行うとサーバーからデータが
消去されてしまうので注意が必要です。

基本的には、実際にゲームにロードすると
古いデータを含む新しいセーブファイルが作成されます。

・ステップ3 大量のトロフィーを獲得する
特にゲームを終了した方はすぐに気づくと思いますが、
以前にアンロックしたトロフィーが全て取得できます。
数秒でゲームに読み込まれ、ディレクターズカットの新要素に
関するメッセージが表示され、トロフィーは約10~15分ほど表示されます。

引用:How to transfer your Death Stranding save file to Director’s Cut

セーブデータの移行(PS4→PS5)で保持されるものと失われるもの

セーブデータの移行(PS4→PS5)に際して保持されるものと失われるものを下記にまとめましたのでご参照ください。

PS4からPS5へ『デス・ストランディング』のセーブデータを移行した際に保持されるものと失われるものについて

  • すべての有効な標準オーダーとサプライリクエストがキャンセルされます。
  • 貨物、構造物、車両などのオンライン共有コンテンツは失われ、新しいサーバーの共有コンテンツに置き換えられます。
  • 外出中に拾った貨物は失われます。
    • サムが持っていた貨物は保持されます。
    • 個人のロッカーに入っていた荷物は保持されます。
    • 再建できなかった郵便ポストやセーフハウス内の荷物は失われます。
  • その他の貨物はすべて失われます。
  • 現場に残された車両はすべて失われます。自分で建てたガレージに保管されている車両はそのまま残ります。オンラインで共有されているセーフハウスや、再建できなかったセーフハウスに保管されていた車両は失われます。
  • 構築した構造物(標識、ケルン、黄金のガマグチなど)は、その場所に近づくと再配置されます。仕様変更による地形の変化で再配置できなくなった構造物は失われます。
  • アンロックされていた報酬、メール、インタビュー、ヒントなどは引き続き利用できます。
  • 新たに追加されたストーリー関連の報酬、メール、ヒントなどは、ストーリーを十分に進めていればすぐに入手でき、それぞれのメニューからアクセスできます。
  • 回収されたメモリーチップはそのまま保持されます。
  • MULEやBTなどの敵は、元の状態に戻ります。また、すべての死体はゲームワールドから削除されます。
  • ほとんどの場合、ボイドアウトによって発生したクレーターは消滅し、地形は元の状態に戻ります。ただし、一部のクレーターはそのまま残ります。
  • ユーザーが作成したパスはそのまま残ります。
    ただし、その道は他のプレイヤーと共有することはできません。
  • 復旧した道路はそのまま残ります。
  • 施設に寄付された資材の量はそのまま残ります。
  • トロフィーの獲得条件が変更され、変更後の条件を満たしていない場合を除き、獲得したトロフィーはそのまま維持されます。
  • アクティビティは、ストーリーの進行に応じてすぐにアンロックされ、利用できるようになります。
  • 「ブリッジ・リンク」や「ストランド契約」を結んでいる他のプレイヤーの情報は失われます。その他の情報は保持されます。
  • 調整したオプションは引き継がれません。

引用(翻訳):Death Stranding Director’s Cut: How to Transfer PS4 Save File to PS5

最後に

今回、日本語の公式HPを先取ってセーブデータ移行(引き継ぎ)の方法を紹介しました。

推測記事ではありますが、他のゲームのセーブデータ移行方式や英語ソース(記事)から察するに、恐らく大きくは外さないのではないかと思っています。

PS4からPS5へのセーブデータの移行を考えている方はご参考いただければと思います。

それでは良いゲームライフを!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

4件のコメント

はじめまして、
私はPS4でクリアして
PS5で途中からまた遊んだのですが
データは引き継ぎは5単体でできない?
って事なんでしょうか?

りこさん
コメントありがとうございます。
私の見解を書かせていただきました。

—————————————————
PS5の後方互換機能を使ってデスストランディング(通常版/PS4版)
をプレイしていた。
つまり、PS5内にデスストランディング(通常版/PS4版)の
セーブデータ(移行対象)が存在している状況であると理解しました。

「デスストランディング(通常版/PS4版) [ソフト]」と
「そのセーブデータ」さえあればPS5単体(PS4がない状態)でも
セーブデータの移行はできると考えています。

※恐れ入りますが、下記の手順については自己責任での実施をお願いしますm(_ _)m

<手順>
(1)”PS5″でデスストランディング(通常版/PS4版)をプレイし、
   記事で紹介した手順に従いセーブデータを”エクスポート”する。
   ※PS5の後方互換機能を使用している
(2)”PS5″でデスストランディングディレクターズカット(”PS5版”)
   をプレイし、セーブデータをインポートする。
(3)セーブデータが引き継がれていることを確認する。
—————————————————

細かいご返事ありがとうございました☺️
無事にデータ移行はできましたo((*^▽^*))o

ですが…ストランド契約はまっさらになってしまうのですね💦

はい。
残念ながらストランド契約は失われてしまうみたいです。

「セーブデータの移行(PS4→PS5)で保持されるものと失われるもの」という
節を記事に追記しましたので、もしよろしけばご覧ください。

りこ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です