CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)エディションの違いやアップグレード時の引継ぎ/移行を紹介

コール オブ デューティ ヴァンガードが11月5日(金)に発売されます!

ゾンビモードやマルチモードを紹介するトレーラーも続々と公開され、
発売を今か今かと待っている方も多いと思います。

そこで、本記事では「CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード) 」購入時に読者の皆さまが気にされるであろう情報を整理しましたので、御覧ください。

なお、説明対象の項目については↓の目次をご参照ください。

CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)とは?

CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)では以下のコンテンツを楽しめます。

  1. 臨場感溢れるシングルプレイヤーキャンペーンモード
  2. ローンチ当日からコアマルチプレイヤー用に設計された16種類を含む20種類のマップが登場するマルチプレイヤーモード
  3. Treyarch開発のスリル溢れる新ゾンビ体験モード

また、CoD:Warzone(コール オブ デューティ ワーゾーン)とのローンチ後の統合予定あり

これは、かつてない第二次世界大戦の戦闘です。特殊部隊の起源を目の当たりにしながら、重要な役割を果たし、歴史の流れを変えるために、4つの主要な戦争地域で魅力的なキャンペーンの中でタスクフォースワンを結成します。発売時には20のマップが用意されている革新的なオンラインマルチプレイヤーで、オリジナルの特殊部隊員となることができます。シリーズ初の試みとなる、宇宙を舞台にした「ゾンビ」クロスオーバーに備えよう。完全に統合されたCall of Duty®(コール オブ デューティ)の世界に浸ることができます。大規模な新マップを備えた完全統合型のCall of Duty®: Warzone™を体験できます。Modern Warfare』で導入された次世代Call of Duty®エンジンを搭載した、これまでで最もつながりの深いCall of Dutyです。

引用:metacritic(CALL OF DUTY: VANGUARD)

各エディションの違い

CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)
の各エディションの違いは下図の通りです。

気になる点をコメントで補足します。

TOMO

Standard EditionはPS5に対応していないので注意して下さい。
※PS5の後方互換機能を使ってPS4のゲームとしてならプレイ可能

そのため、 Standard Editionを買った場合PS5へのアップグレードに際して追加料金がかかるものと思われます。

なお、Cross-Gen EditionとUltimate EditionはPS4/PS5両方に対応!

TOMO

Cross-Gen EditionとUltimate Editionの違いは以下の通りです。

  • 5時間分のプレイヤーダブルXP
  • タスクフォースワンパック(オペレータースキン3個、曳光弾を使用した武器設計図3個)
  • バトルパスバンドル(1シーズンバトルパス+20ティア スキップ)

競技性の高いゲームなので、手っ取り早く強くなりたいならUltimate Edition、そうでなければCross-Gen Editionを選べばよいと思います。

なおそれぞれの価格は、Standard Edition(8,690円)、Cross-Gen Edition(9,680円)、Ultimate Edition(13,090円)です。

CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード) 各エディションの違い
引用: コール オブ デューティ ヴァンガード(予約する)

クロスプレイ・クロスジェネレーション・クロスプログレッションへの対応は?

コール オブ デューティ ヴァンガード はクロスプレイ・クロスジェネレーション・クロスプログレッションに対応している?

コール オブ デューティ ヴァンガード はクロスプレイ・クロスジェネレーション・クロスプログレッションのいずれにも対応しています!

まじで素晴らしい!!

  • クロスプレイ
    プレイしているプラットフォームによらず通信による
    協力や対戦プレイを楽しむことができる。

    例えば、PS4でクロスプレイ対応のゲームをプレイしている場合、
    XboxSeries X | Sプレイヤーと一緒に対戦プレイ等を楽しめる。
  • クロスジェネレーション
    同じプラットフォーム(コンソール)のファミリー(PS4/PS5、またはXboxOne/XboxSeries X | S)内の両方の世代でプレイ可能となっている。

    例えば、PS4とPS5の両方でゲームをプレイできる。
  • クロスプログレッション
    1つのプラットフォームでゲームをプレイし、別のプラットフォームで進行を続けることができます。ゲーム内の進行状況は、プラットフォームアカウントではなく、ご利用のActivisionアカウントへ保存されると考えられます。

    例えば、PS4でゲームをプレイしている場合、このゲームにPS5でアクセスすると前回終了した場所から引き続きプレイすることができるようになります。

    このように次世代コンソールにアップグレードする場合、同じActivisionアカウントでプレイし続ける限り、プロファイル、進行状況、統計、およびデジタルコンテンツは一緒に移動します。

異なるプラットフォーム(コンソール)間でアップグレードできる?

異なるプラットフォーム(コンソール)間でアップグレードできる?
例えば、XboxOneからPlayStation5へのアップグレード、またはその逆

いいえ。できません。

Cross-Gen EditionとUltimateEditionは「PlayStation4→PlayStation5」、または「XboxOne→XboxSeries X | S」といった同じプラットフォーム(コンソール)ファミリー内でのみゲームの権利を付与します。

アップグレード(PS4→PS5等)時には引き継ぎ/移行は必要?

PS4→PS5にアップグレードを行った際に引き継ぎ/移行は必要?

引き継ぎ/移行を行う必要がないと思われます。

上記「クロスプログレッション 」で説明しましたが、同じActivisionアカウントでプレイし続ける限り、プロファイル、進行状況、統計、およびデジタルコンテンツはアップグレード時に一緒に移動するからです。

同じActivisionアカウントを使ってPS5でプレイすればいいという認識です。

PS Plusへの加入は必要?

CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)を
プレイするためにPS Plusへの加入は必要?

はい。オンラインマルチプレイで遊ぶ場合は必要になります。
対人戦を前提としているゲームだと思うので必要と判断しました。

Cross-Gen Editionの商品説明

オープンβのプレイデータは製品版に引き継がれる?

オープンβのプレイデータは 製品版 に引き継がれる?

オープンベータのプレイデータは製品版に引き継がれる予定はありません。

最後に

筆者としては対人でドンパチやるのはあまり好きではないのですが、
「ゾンビ」モードがあるならほしいと思いました。

「back 4 blood」と若干かぶるような気はしますが・・

今回、 CoD:VG(コール オブ デューティ ヴァンガード)
を購入する際の参考情報をまとめました。

読者の皆様のお役に立てば幸いです。それではよいゲームライフを!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です