バトルフィールド2042 エディションの違い!クロスジェネ/プレイ/プログレッションもチェック

バトルフィールド2042が11/19に発売されます。
※先行アクセスが可能なゴールドエディションと
 アルティメットエディションは11/12からアクセス可能

本作はヒカキンが20年後の姿でトレーラーに出演したことでも話題になったビッグタイトルであり、2021年を代表する作品の一つであると思います。

ですが、本作はエディションが4つ出ていることから
どれを買おうか悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか?

また、現在は現行機(PS4)と次世代機(PS5)の移行期です。
※PS5が品薄でなかなか移行が進んでいませんが…

そのため、「トリプルクロス※(筆者の造語)」を気にしている方も多いと思います。
※クロスジェネレーション、クロスプレイ、クロスプログレッション

そこで、本記事では以下をご紹介させていただきます。

  • クロスジェネレーションを意識した各エディションの違い
  • クロスジェネレーション、クロスプレイ、クロスプログレッションへの対応状況

自己責任でのソフト購入をお願いいたしますm(_ _)m
信頼できる情報源に基づく客観的な説明を心がけていますが、
誤った情報を掲載してしまうこともあるからです。

バトルフィールド2042のエディションの違い

TOMO

まずはPSストアの製品紹介画面をご覧ください。
色線部分を見ていただければその違いがわかると思います。

・青線:クロスジェネレーションに関連

・黄線:レジェンダリースキン
 (シャドウストーカー、オブシディアン、オニキス)

・ピンク線:公式デジタルコンテンツ
 (デジタルアートブックと限定デジタルサウンドトラック)
 ※実物ではなくデジタルコンテンツなので注意

引用:PSストアの製品紹介画面(バトルフィールド2042)

クロスジェネレーションに対応しているエディションは?

クロスジェネレーションに対応しているエディションは下記の通りです。

  • スタンダードエディション(PS5) 9,700円
    ※デジタル版のみ
  • ゴールドエディション(PS4、PS5) 13,000円
  • アルティメットエディション(PS4、PS5) 16,000円
TOMO

PS5向けデジタルスタンダード版(ダウンロード版)にも
クロスジェネ・バンドルが付属しているのは嬉しいですね!

Electronic Artsは10月6日、『Battlefield 2042』のPS5/Xbox Series X|S向けデジタルスタンダード版についても、クロスジェネ・バンドルとすると発表した。

これまで、ゲーム内アイテムなどを同梱するGold EditionやUltimate Editionを購入した場合にのみ、クロスジェネ・バンドルとしてPS5/Xbox Series X|SとPS4/Xbox Oneの両世代のバージョンを入手できたが、通常版(ダウンロード版)にもこれが適用されるようになったということだ。

ただし、対象となるのはPS5/Xbox Series X|S向けデジタルスタンダード版のみである。PS4/Xbox One版や、パッケージ版は対象外となる。

引用:AUTOMATONの記事(『Battlefield 2042』PS5/Xbox Series X|Sデジタルスタンダード版でも、PS4/Xbox One版を無料で入手可能に。オープンベータ開始前に方針転換)

TOMO

現状、PS5が入手困難な状況が続いていることを鑑み、PS5向けデジタルスタンダード版(ダウンロード版)にもクロスジェネ・バンドルを付けてくれています。

なので、現在PS4しか持っていない方は、PS5向けデジタルスタンダード版(ダウンロード版)を買うことで廉価にPS5版へとアップグレード可能になります。

※廉価といっても9,700円ですが…
 わざわざ、ゴールドエディション以上を購入しなくてもよくなりました

EAのリードコミュニティマネジャーAdam Freeman氏は、PS5/Xbox Series X|S本体が依然として入手困難な状況にあるとして、今回の変更の理由を語っている。

現在PS4/Xbox One本体しかもっておらず、将来的にPS5/Xbox Series X|Sを購入するつもりである場合、本作をまずPS4/Xbox Oneでプレイし始め、のちに次世代機版へとアップグレードするには、より高価なGold Editionなどを購入するしかなかった。それが、通常版を1回購入するだけで可能になったわけだ。

引用:AUTOMATONの記事(『Battlefield 2042』PS5/Xbox Series X|Sデジタルスタンダード版でも、PS4/Xbox One版を無料で入手可能に。オープンベータ開始前に方針転換)

ゴールドエディションとアルティメットエディションの違いは?

真夜中のアルティメットバンドル(スキン)、公式デジタルコンテンツ(アートブック、サントラ)が付いてくるか否かの違いです。

TOMO

この違いに対する熱量次第だと思います。

クロスプレイには対応しているの?

はい。クロスプレイに対応しています。しかし、本作の次世代機版と前世代機版の違い(性能)によってマッチメイキングプールが二つ(下記ボックス内の①と②)に別れています。

※前世代機(PS4)と次世代機(PS5)では最大プレイ可能人数とマップサイズが異なる。

すなわち、PS5のプレイヤーはPS4のプレイヤーと一緒にプレイできないことを意味します。

EAは『バトルフィールド 2042』がクロスプレイに対応することを発表したが、すべてのプラットフォームが一緒にプレイできるわけではない。

Battlefield Briefingにて本作のクロスプレイ対応が明かされたが、1つのマッチメイキングプールではなく、以下の2つのプールが用意されるという。

  1. PC/Xbox Series X|S/PS5
    (PCとコンソールのプレイヤーはクロスプレイを無効にできる)
  2. Xbox One/PS4

引用:IGN JAPANの記事(『バトルフィールド 2042』はクロスプレイに対応!Xbox One/PS4は前世代機間のみのマッチングに)

クロスプログレッションに対応しているの?

はい。クロスプログレッションに対応しているので、
プラットフォーム間でセーブデータを共有できます。
※EAアカウントに進行状況は紐付けされる

また、たとえばPS4版でのゲームの進捗は、PS5版に移行した際にも引き継がれる。このクロスプログレッションはEAアカウントを通じておこなわれるため、すべてのプラットフォームにて進捗を共有可能だ。

引用:AUTOMATONの記事(『Battlefield 2042』PS5/Xbox Series X|Sデジタルスタンダード版でも、PS4/Xbox One版を無料で入手可能に

(参考)オンラインプレイにPS Plusは必要なの?

はい。オンラインプレイ専用ゲーム、かつオンラインプレイにPS Plusは必須となります。

最後に

PS5が品薄なことから「クロスジェン・バンドル」をPS5向けデジタルスタンダード版(ダウンロード版)にも付けくれています。大変ありがたい!

なので、「とりあえずPS4でプレイしておいてPS5が手に入り次第そっちに移行したい」と考えている方は「クロスジェン・バンドル」が付属するエディションを購入する必要があります。

さらに、「ゲーム本編だけあればいい!」と考えている方はPS5向けデジタルスタンダード版(ダウンロード版)を購入いただければと思います。

それではゲームライフを!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です