アベノマスク無償配布2022!応募方法や立体型マスク等を紹介

厚労省がアベノマスクの無償配布の受付期限を1月14日から28日まで延長した
というニュースが報道されました

本件について問い合わせが多数寄せられており電話が混み合っているみたいです。

しかし、本件に関する情報については公式のものが公開されていますし、ネットから簡単に申し込むことができるので、その情報をご紹介します。

個人等からの布製マスクの配布希望の申出について

個人向けの布マスクの配布に関するお知らせ情報を掲載します。

個人向けの布製マスクの配布に関しては「布製マスク配布に関する個人等向けリーフレット」に記載がありますので、こちらをご覧ください。

2022年1月11日時点での情報となります。
応募の際は念のため、自治体・個人・団体からの布製マスクの配布希望の申出について
で最新情報をご確認ください。

応募期間は?

2021年12月24日(金)〜2022年年1月28日(金)までに
厚生労働省まで応募を行ってください。

※個人のほか、自治会・町内会等で複数人分をまとめて申請することも可能

配布されるマスクはどんなもの?立体型って何?

・平型(綿):9.5×13.5cm
・立体型(ポリエステル)14.0×20.0cm

※大きさについて、個体により多少の誤差がある場合があります。

上が立体型、下が平型

マスクは有料なの?送料や手数料はかかるの?

マスクは無償であり、送料や手数料もかかりません。

リーフレットにおいて費用の負担がない旨の注意書きが書かれています。

送料や手数料など 、どのような名目であれ 、マスクの配布に関して
費用の負担をお願いすることはありません 。ご注意ください 。

引用:布製マスク配布に関する個人等向けリーフレット

申し込み後いつマスクが配布されるの?

2月以降に順次配布されます。

マスクの配布単位は?

100枚単位で必要な枚数が配布されます。

応募者多数の場合は希望枚数が配布されない点に注意してください。

※応募多数の場合は、希望数どおりに配布できない場合がありますが、こうした場合において申請者に個別に連絡することはいたしませんので、あらかじめご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

引用:自治体・個人・団体からの布製マスクの配布希望の申出について

マスクの到着日の指定はできるか?

団体からの申請は平日昼間のみ、個人からの申請は曜日時間帯の希望が可能。

申込様式(EXCEL)内に平日受け取りの可否に関する入力項目あり

団体からの申請については、原則的に平日昼間の到着になります。
なお、個人からの申請については、平日の受け取りが難しい場合は、提出様式の
その旨記載いただければ、希望の曜日・時間帯に到着するよういたします。

引用:布製マスク配布に関する個人等向けリーフレット

応募方法は?メールによる応募方法

申込様式(EXCEL)に必要事項を記載の上、
専用メールアドレスに添付して送付するだけです。

申込様式(EXCEL)に必要項目を入力の上、
専用メールアドレス「mask-kojinn@mhlw.go.jp」へ様式を添付の上送付。
  
  個人からの申込様式(EXCEL)はこちら
  団体からの申込様式(EXCEL)はこちら

引用:自治体・個人・団体からの布製マスクの配布希望の申出について

・「入力フォーマット」シートに記載例が書かれているのでご参考ください。
・実際に必要事項を記載するのは「入力用シート」シートです。
・送付先メールアドレスに誤りがないように注意してください。
・応募方法が変わるかもしれないので、応募時には厚生労働省の
 ホームページで最新の情報を確認した上で応募を行なってください。
原則としてメールにより申出を受け付けております。
 ただし、インターネット環境等によりメールでの申出が難しい場合は、
 電話による申出も可能です。

・エクセルがインストールされているPCを使用して作業を行う必要があります。
・エクセルに入力ができない場合は、一度エクセルファイルを一度デスクトップに保存していただき、その上で再度保存したエクセルファイルを開く。

自治体・個人・団体からの布製マスクの配布希望の申出について
の「よくある質問」を参照しました。

最後に

無料でアベノマスクが手に入るチャンスですので、
ご興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか。

繰り返しになりますが、エクセルの編集を行うためエクセルが
入ったPCで作業をする必要があると思います。

そして、そのエクセルの送付先アドレスの間違いにも注意してください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。