モンハンライズの3D酔い(ゲーム酔い)対策!乗り物酔い防止メガネの効果を検証!【レビュー】

今話題のモンスターハンターライズですが、3D酔い(ゲーム酔い)が原因でプレイできない方も多いのではないのでしょうか。

「モンハンライズ  酔い」で検索すると3D酔いで悩むツイートが出るわ出るわ…

カメラの設定を工夫することで対策している人も多いようですが、
中々完治は難しいみたいです。

そこで、今回の記事では、めっちゃ3D酔いするブログの共同運営者のSAOが「モンハンライズ 体験版」のプレイを通じて「乗り物酔い眼鏡の効果」を検証します。

ちなみにSAOはマリオカートでさえ3D酔いし、ファイナルファンタジー13では画面右上のマップを見ながら移動することでようやくプレイできるような人です。

さて、SAOは3D酔いを克服できるのでしょうか?

やったこと モンハンライズ 【体験版】をプレイ!

モンスターハンターライズ【体験版】でオサイズチ討伐をチャレンジ!

  • 武器:双剣
  • カメラ設定:ターゲットカメラ(デフォルト)
    ※ターゲットカメラ:視点を自由に操作できる(カメラ操作が必要)
    ※ロックオンカメラ:大型モンスターの方向を向き続ける(カメラ操作がほぼ不要)
  • 制限時間:50分
     
(参考)オサイズチ討伐動画 ※今回検証時のプレイ動画ではありません

使用した乗り物酔い防止メガネ

Amazonで「乗り物酔い防止メガネ」を購入して試してみました 。
商品概要や使い方は下記の通りです。

商品概要(説明書を一部加筆修正)

青く着色され液体が封入されたフレームがメガネの正面と左右に着いており、この液体が揺れる事で水平線を再現し視覚情報と蝸牛殻信号(耳)を一致させる事で乗り物酔いを緩和します。

使い方(説明書抜粋)
  1. 乗り物で移動中、リラックスしたくなったら本製品をかける。
    (普段お使いのメガネの上から装着可
  2. 約10~12分でリラックス効果が得られます。
    視線は、スマートフォンや本などの動かない物体に固定しておく。
  3. 本製品を外して旅の続きを楽しむ。

乗り物酔い防止メガネを装着した様子

モザイク多めで恐縮ですが、SAOが乗り物酔い防止メガネを装着しながらモンハンライズ 【体験版】をプレイしている様子です。

※最初から乗り物酔い防止メガネを装着した状態でゲームを開始しています。
 説明書では乗り物酔いした後のリラックス目的で使用する旨が記載

※普段使いのメガネの上から乗り物酔い防止メガネを装着しています。
 柔軟性があるのでメガネの上から装着しても全然痛くありませんのでご安心下さい。

SAOのモンハンライズ 【体験版】プレイ風景

乗り物酔い防止メガネの3D酔い防止効果は?

結論から言いますと3D酔い防止効果はほとんど感じられませんでした。
※個人の感想です。

20分位プレイしたところで3D酔いになって断念…。
ステージ移動時の緩やかなカメラ切り替えであれば大丈夫でしたが、戦闘時の激しいカメラ切り替えには耐えられませんでした。

まぁ、本来の乗り物酔い防止目的ではない使い方をしているのでしょうがありません。
※商品に落ち度はありません。

ワンチャンSAOの3D酔い克服を期待したのですが、ダメでした…

最後に

今回、SAOの3D酔いを克服すべく検証をしたのですが、うまくいきませんでした。

3D酔いしやすい人は下記のYouTube動画を参考にカメラ設定を見直すことをお薦めします。

ターゲットカメラ→ロックオンカメラにし、カメラ距離を長く(広角)するだけでもカメラ切り替えが抑制され3D酔いしにくくなると思いました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です